J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

色材協会誌
Vol. 82 (2009) No. 10 P 443-446

記事言語:

http://doi.org/10.4011/shikizai.82.443

ノート

羊毛,毛髪,羽毛などの動物繊維の主成分はケラチンと呼ばれる繊維状タンパク質である。われわれはこれら三種類の動物繊維を粉末化する新たな方法を開発し,二相加水分解法と名づけた。これは,オクタノール/水酸化ナトリウム水溶液二相系に浸せきした原毛を,超音波照射によって短時間で微細化するものである。系を中~酸性にすると,粒径数~数百μmのパウダーが得られた。元素分析と赤外吸収スペクトルの結果から一部の硫黄成分は失われるが,その程度は従来法より軽微であることが確認された。この方法は,ケラチンを用いた化粧品,細胞足場材料,ドラックデリバリーシステム用材料の開発に有用である。

Copyright © 2009 一般社団法人 色材協会

記事ツール

この記事を共有