J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

心臓
Vol. 24 (1992) No. 11 p. 1256-1265

記事言語:

http://doi.org/10.11281/shinzo1969.24.11_1256


1.1979年1月より1989年12月までに当施設に入院し,生存退院できた急性心筋梗塞901例について追跡調査を行った.長期予後の規定因子としてとりあげた項目は,年齢,性別,心筋梗塞の既往,Q波・非Q波梗塞,梗塞の部位,入院時のKillip重症度,左室駆出率,treadmill運動負荷試験,障害枝数,不整脈である.
2.全死亡(全ての死因による死亡),心臓死,心臓死と急死を加えた3つの死亡率は,70歳以上,女性,梗塞の既往のある症例,非Q波梗塞,Killip重症度2~4度の症例,左室駆出率40%以下,treadmill運動負荷陽性例,多枝障害例で有意に高かった.
3.追跡調査中の心不全の発症は,梗塞の既往,非Q波梗塞,前壁梗塞,Killip分類2~4度,左室駆出率40%以下,運動負荷陽性,多枝障害で有意に多かった.
4.再梗塞は,梗塞の既往,非Q波梗塞,Killip分類2~4度,運動負荷陽性,多枝障害の症例で多く発症した.
5.急性期に心室頻拍と細動を生じた症例で,追跡期に心室頻拍が多く発症した.心不全に合併した心室頻拍,細動例の予後が悪い傾向を認めた.
6.長期予後を主に規定している因子は,冠動脈病変と左室機能であり,これへの対策が重要と考えられる.

Copyright © 公益財団法人 日本心臓財団

記事ツール

この記事を共有