室内環境
Online ISSN : 2186-4322
Print ISSN : 1882-0395
原著論文
ヒト皮膚から放散するアセトアルデヒドの室内空気中濃度に及ぼす影響
高橋 万葉関根 嘉香古川 英伸浅井 さとみ宮地 勇人
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2013 年 16 巻 1 号 p. 15-22

詳細
抄録

室内空気中のアセトアルデヒドの発生源および発生機構については不明な点が多い。本研究では,これまで考慮されてこなかったヒト皮膚表面から放散するアセトアルデヒドの室内空気中濃度に及ぼす影響について,パッシブ・フラックス・サンプラー法による健常人ボランティアを対象とした放散フラックスの実測に基づき検討した。その結果,ヒト皮膚由来のアセトアルデヒドの放散速度は,飲酒後の呼気に由来するアセトアルデヒドの放散速度よりも大きく,呼気よりも重要な発生源であることがわかった。居室の在室者1名を想定した場合,皮膚由来のアセトアルデヒドは,室内濃度指針値レベル(48 μg m-3)に対しては0.87~2.3 %の寄与であったが,飲酒を伴う場合は居室の臭気源になる可能性が示唆された。在室者が複数いる場合には,皮膚からの放散速度は無視できないほど大きな寄与を示す可能性があり,皮膚ガスは新たに着目すべき発生源の一つとなる可能性が示唆された。

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 室内環境学会
前の記事 次の記事
feedback
Top