日本女性科学者の会学術誌
Online ISSN : 2186-3776
Print ISSN : 1349-4449
ISSN-L : 1349-4449
総説
ケミカルノックダウン技術CANDDYを用いたアンドラッガブルターゲット分解による創薬戦略
宮本 悦子今西 哲黄 麗娟
著者情報
ジャーナル フリー

2022 年 22 巻 p. 19-24

詳細
抄録

がん遺伝子パネルの保険収載により、本格的にプレシジョン医療の時代が到来したが、有効な分子標的薬が存在しない変異は未だに数多く残されている。疾患関連タンパク質の75%程度は阻害剤の設計が困難なアンドラッガブルターゲットであると考えられている。アンドラッガブルターゲットを攻略できる戦略として、標的タンパク質を分解に導くタンパク質分解技術が注目されている。しかし、技術上の困難から、真にアンドラッガブルなタンパク質の分解には未だ成功していない。我々は、独自に開発したケミカルノックダウン技術CANDDYを用いて、代表的なアンドラッガブルターゲットKRAS変異体の分解に成功した。本稿では、KRAS分解剤を例に、CANDDYを用いた新しい創薬戦略を紹介したい。

著者関連情報
© 2022 日本女性科学者の会
前の記事 次の記事
feedback
Top