バイオメカニズム学会誌
Print ISSN : 0285-0885
解説
鳥類の視覚受容機構
杉田 昭栄
著者情報
キーワード: 角膜, 水晶体, 網膜, 視細胞,
ジャーナル フリー

2007 年 31 巻 3 号 p. 143-149

詳細
抄録

鳥類は,視覚が発達した動物である.彼らは,すみやかに遠くに焦点を合わせることも,近くのものに焦点を合わせることも自由に行なえる.また,色の弁別能力も高い.このように視覚に優れる仕掛けは眼球のつくりにある.その優れた視力は,水晶体および角膜の形を変え,高度にレンズ機能を調節することにより行なう.このために,哺乳類とは異なるレンズ系を調節する毛様体の特殊な発達や哺乳類には無い網膜櫛もみられる.また,網膜の視細胞には光波長を精度高く選別する油球を備えているばかりでなく,各波長に反応する視物質の種類がヒトのそれより多い.したがって,ヒトが見ることのできない紫外線域の光波長を感受することもできる.さらには,この視細胞から情報を受けて脳に送る神経節細胞もヒトの数倍の数を有する鳥類が多い.このような仕組が鳥類の高次の視覚を形成している.

著者関連情報
© 2007 バイオメカニズム学会
前の記事 次の記事
feedback
Top