組織科学
Online ISSN : 2187-932X
Print ISSN : 0286-9713
特集
組織の打診調査法
高橋 伸夫大川 洋史稲水 伸行秋池 篤
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 47 巻 2 号 p. 4-14

詳細
抄録

 一つの組織を対象にして時系列的かつ定期的に調査を行うことで横断的調査では見えなかった事実が分かってくる.本稿では,日本企業X社について,大規模な組織再編を挟んで10年近くにわたり,9回,定期的かつ継続的に全数調査してきたデータを取り上げる.その結果,見通し指数と満足比率の間には直接的因果関係があるが,自己決定度と満足比率の間の関係は疑似相関である可能性が高いことが分かった.

著者関連情報
© 2013 組織学会/著者
次の記事
feedback
Top