社会政策
Online ISSN : 2433-2984
Print ISSN : 1883-1850
日本の社会政策の目的合理性と人間観 : 政策思想史の視点から(<特集>現代日本の社会政策の評価と将来選択-社会政策学会第121回大会共通論題)
小野塚 知二
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 3 巻 1 号 p. 28-40

詳細
抄録

政策の背後にいかなる思想が作用し,また,政策にいかなる価値観が表現されているのかはときに不明瞭にされるが,思想の作用がなければ問題は発見できないし,解決の方向性も政策目標も決定できない。この2世紀の間の社会政策は,概括するなら古典的自由主義の社会設計から介入的自由主義のそれへの転換と描くことができるが,この転換を必然化したのは「強くたくましい」人間観から「弱く劣った」人間観への変化であった。この介入的自由主義のお節介な性格への忌避感が20世紀末以降のネオ・リベラリズムの伸張を支えたが,それ自体は目的合理性を喪失しており,社会を設計できる思想ではない。では,古典的自由主義の社会設計が不可能であり,介入的自由主義が拒否されたのだとすると,社会政策にはいかなる方向性がありうるのだろうか。本稿は人間観の逆転の可能性と,介入的自由主義の介入的な性格を修正する可能性がどこにあるかについて素描を試みる。

著者関連情報
© 2011 社会政策学会
前の記事 次の記事
feedback
Top