J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本水産学会誌
Vol. 78 (2012) No. 1 P 43-53

記事言語:

http://doi.org/10.2331/suisan.78.43

報文

オオクチバスとブルーギルの食性を野田沼水系(彦根市)で調査した。胃内容物の同定,糞中 DNA の定量 PCR およびクローンライブラリー解析の結果,オオクチバスは大型の餌生物(アユ等)への選択性が強く,フナ稚魚等への選択性は低いこと,ブルーギルは強い植物食性で,魚類への食害は低いことが示唆された。また,オオクチバスはスジエビとテナガエビに,ブルーギルはヌマエビに強い摂餌選択性を示した。オオクチバスの在来魚に対する摂餌選択性は,餌生物の種類,大きさ,捕食者の飽食度,水域の濁度などに影響されると推察された。

Copyright © 2012 公益社団法人 日本水産学会

記事ツール

この記事を共有