J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本水産学会誌
Vol. 78 (2012) No. 5 p. 870-877

記事言語:

http://doi.org/10.2331/suisan.78.870

報文

定置網の垣網周辺で水中灯を点灯して魚群を滞留させ,明け方前に消灯して魚群を身網へ誘導することで漁獲増加を目指す実験を行った。長崎県対馬の大型定置網の垣網に消費電力 55 W の水中灯を取り付け,点灯日と非点灯日を繰り返す試験を 2007~2009 年の間に 157 日実施した。その結果,点灯時の一日の総漁獲量は,非点灯時よりも多くなった。2007 年はウルメイワシ,2008 年はケンサキイカとブリ類,2009 年はマサバが漁獲物中の優占種で,点灯時のこれらの種の漁獲量は,非点灯時の漁獲量より有意に多くなった。

Copyright © 2012 公益社団法人 日本水産学会

記事ツール

この記事を共有