J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本水産学会誌
Vol. 65 (1999) No. 1 P 97-102

記事言語:

http://doi.org/10.2331/suisan.65.97


淡水魚(8種)の筋肉を氷蔵して, ATPおよびその関連物質含量の変化を調べ, K値の変化速度を海産魚(5種)のそれと比較した。ATPおよびその関連物質は淡水魚, 海産魚ともに貯蔵初期にATPの急速な減少に伴い, IMPが蓄積し, その後IMP減少に伴ってイノシン(HxR), ヒポキサンチン(Hx)が増加した。しかし, IMPの分解速度およびHxR, Hxの生成速度は魚種により相違し, したがって, K値の変化速度も魚種により大きく異なっていた。これらの結果は淡水魚のK値変化速度は種による違いが著しく, 海産魚との間に目立った違いはないこと示唆している。

Copyright © 社団法人 日本水産学会

記事ツール

この記事を共有