Synthesiology
Online ISSN : 1882-7365
Print ISSN : 1882-6229
ISSN-L : 1882-6229
研究論文
正確性・コストパフォーマンスに優れた遺伝子定量技術の開発と実用化への取り組み
- 蛍光消光現象を利用した遺伝子定量技術の開発 -
野田 尚宏
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 3 巻 2 号 p. 147-157

詳細
抄録

遺伝子定量技術は医療、農業、水産業、環境、食品等の幅広い分野で利用されており、社会的にも重要な技術である。筆者等は、グアニン塩基との相互作用により蛍光が消光する現象に着目し、それを利用した正確性・コストパフォーマンスに優れた新しい遺伝子定量技術を開発した。本稿では、既存の遺伝子定量技術に内在する問題を克服するために選択した要素技術とその統合・構成による新規遺伝子定量技術開発に関する研究展開を中心に、企業と取り組みつつある開発技術の実用化に関するシナリオについて論じる。

著者関連情報
© 2010 独立行政法人 産業技術総合研究所
前の記事 次の記事
feedback
Top