糖尿病
Online ISSN : 1881-588X
Print ISSN : 0021-437X
委員会報告
1型糖尿病調査研究委員会報告―劇症1型糖尿病の新しい診断基準(2012)
今川 彰久花房 俊昭粟田 卓也池上 博司内潟 安子大澤 春彦川崎 英二川畑 由美子小林 哲郎島田 朗清水 一紀高橋 和眞永田 正男牧野 英一丸山 太郎1型糖尿病調査研究委員会 劇症および急性発症1型糖尿病分科会
著者情報
ジャーナル フリー

55 巻 (2012) 10 号 p. 815-820

詳細
PDFをダウンロード (318K) 発行機関連絡先
抄録

劇症1型糖尿病診断基準を一部改訂し,劇症1型糖尿病診断基準(2012)として提示した.本疾患において,急激な血糖上昇という疾患の本態を表現し,かつ見逃しを防ぐために,感度の高い基準が必要である.そこで,劇症1型糖尿病382例の発症時HbA1c値より,感度100 %となる最小のHbA1c値を算出し,「8.7 %(NGSP値)未満」という値を得た.この値はROC解析でも最適値であることから,新診断基準に採用した.その他,注釈として,「劇症1型糖尿病発症前に耐糖能異常が存在した場合は,必ずしもこの数字(発症時HbA1c 8.7 %(NGSP値)未満)は該当しない.」,参考所見に「HLA DRB1*04:05-DQB1*04:01との関連が明らかにされている.」,を加えた.他の項目については,現行診断基準の改訂を必要とする根拠となるようなデータは得られなかった.また,スクリーニング基準は引き続き有効と考えられるので,今回の改訂の対象とはせず,2004年に策定した基準を引き続き用いることとした.

著者関連情報
© 2012 一般社団法人 日本糖尿病学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top