糖尿病
Online ISSN : 1881-588X
Print ISSN : 0021-437X
患者心理・行動科学
連続的グルコース測定によるセルフモニタリングが糖尿病自己管理に与える影響:前後比較試験
西村 亜希子和佐 真奈美原島 伸一任 和子稲垣 暢也
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 61 巻 4 号 p. 171-180

詳細
抄録

Flash glucose monitoring(FGM)はリアルタイムに血糖変動を視認できる利点があるが,得られる情報量が非常に多くなるため,モニタリングによる患者への影響と必要な療養支援について検討が必要である.本研究では,SMBGを1日に1型糖尿病(T1DM)で3回,2型糖尿病(T2DM)で2回以上の施行者を対象に,FGMを2週間装着し,装着前後と12週後の自己管理行動,精神的健康状態,治療満足度,体重,体組成,血圧,血糖,血清脂質を評価した.装着中にT1DMでは血糖改善および低血糖軽減,T2DMではQOL改善に役立つ可能性が示唆された.一方,T1DMでは脂質摂取の増加,T2DMでは野菜摂取の減少を認めた.T1DM,T2DMともに運動療法や血圧,脂質には変化を認めなかった.FGM使用時は血糖管理のみならず総合的に療養指導を行い,セルフケア行動が向上するよう支援することが重要である.

著者関連情報
© 2018 一般社団法人 日本糖尿病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top