J-STAGE トップ > 資料トップ
  • 最新巻号
  • 早期公開

日本集中治療医学会雑誌 Vol. 24(2017) No. 6

編集委員会より

天谷 文昌

公開日: 2017年11月01日

p.603

総説

板垣 大雅, 西村 匡司

公開日: 2017年11月01日

p.605-612

安村 敏

公開日: 2017年11月01日

p.613-617

原著

土川 洋平, 小林 聖典, 清水 美帆, 貝沼 関志, 碓氷 章彦

公開日: 2017年11月01日

p.619-624

研究速報

岩井 健一, 讃井 將満, 柴﨑 多恵子, 岩谷 理恵子, 奥田 晃久, 平塚 明倫, 内野 滋彦, 瀧浪 將典

公開日: 2017年11月01日

p.625-627

短報

曽我部 拓, 島原 由美子, 石田 健一郎, 家城 洋平, 佐尾山 裕生, 定光 大海

公開日: 2017年11月01日

p.629-630

小林 直也, 中川 敦寛, 石垣 司, 工藤 大介, 新妻 邦泰, 川口 奉洋, 冨永 悌二, 山内 正憲

公開日: 2017年11月01日

p.631-632

田路 育恵, 池松 裕子

公開日: 2017年11月01日

p.633-634

萩原 祥弘, 清水 敬樹, 宮本 和幸, 三宅 康史

公開日: 2017年11月01日

p.635-636

米花 伸彦, 宮庄 浩司, 山下 貴弘, 石橋 直樹, 大熊 隆明, 柏谷 信博

公開日: 2017年11月01日

p.637-638

村田 洋章, 本田 康裕, 山口 庸子, 齋藤 慎二郎, 飯塚 悠祐, 八木橋 智子, 讃井 將満

公開日: 2017年11月01日

p.639-640

委員会報告

日本集中治療医学会感染管理委員会ワーキンググループ

公開日: 2017年11月01日

p.641-649

12件の該当記事より1~12件を表示しています。

発行機関からのお知らせ

2017年09月07日
「日本版敗血症診療ガイドライン2016」訂正について        2017年2月に発行した「日本版敗血症診療ガイドライン2016」中の「CQ5-6:抗菌薬はプロカルシトニンを指標に中止してよいか?」につきまして,「推奨:敗血症,敗血症性ショックにおける抗菌薬治療で,PCT 値を指標に抗菌薬の中止を行わないことを弱く推奨する(2B)。」(同意率78.9%)としておりました。  しかし,本ガイドライン発行後に新たにRCT1件*を追加してメタアナリシスを行ったところ,28日死亡率が有意に改善し,抗菌薬投与日数も有意に短縮するという結果となりました。  この結果を本邦の臨床現場に適用できるかも含めて委員会内で議論し投票を行った結果,「推奨:敗血症において,PCT を利用した抗菌薬の中止を行うことを弱く推奨する(2B)。」(同意率78.9%)に変更いたします。 詳細は,日本集中治療医学会ホームページ http://www.jsicm.org/news-detail.html?id=168 にて公開中の修正版 S53頁,S54頁,S61頁,S62頁 をご参照いただきますよう,お願い申し上げます。 *de Jong E, van Oers JA, Beishuizen A, et al. Efficacy and safety of procalcitonin guidance in reducing the duration of antibiotic treatment in critically ill patients: a randomised, controlled, openlabel trial. Lancet Infect Dis 2016;16:819-27.            2017年9月7日             日本集中治療医学会・日本救急医学会合同   日本版敗血症診療ガイドライン2016作成特別委員会   委員長:西田 修   副委員長:小倉 裕司   担当理事:織田 成人(日本集中治療医学会)   担当理事:田中 裕(日本救急医学会)

システムメンテナンス

  • システムメンテナンスのため、以下の時間帯にサービスを停止させていただきます。
    平成29年
    11月25日(土) 6:00 ~ 17:00
    ※作業終了次第時間内でもサービスを再開いたします。

詳細

J-STAGEからのお知らせ

  • 2017年10月01日
    1.
    「利用学協会様向けの改定後の利用規約(平成29年10月1日施行)を掲載しました。(詳細はこちら)」
    2.
    「J-STAGE利用者満足度調査アンケートの結果を掲載いたしました。(詳細はこちら)」

バックナンバー

ジャーナルツール

この資料を共有