核医学
Online ISSN : 2189-9932
ISSN-L : 2189-9932
最新号
選択された号の論文の26件中1~26を表示しています
原著
  • 中村 智実, 松村 多可, 山本 泰司, 千田 道雄
    2019 年 56 巻 1 号 p. 127-134
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/09/25
    ジャーナル オープンアクセス
    ①目的 放射性医薬品合成設備「NEPTIS plug-01」(以下,本装置)および本装置を用いて 合成されたflorbetapir (18F) 注射液の使用成績調査において,安全性および有用性を評価した. ②方法 安全性の評価は,本装置の不具合およびflorbetapir (18F)の有害事象を収集して行い, 有用性の評価は,PET の画質と診断の変化の情報を収集して行った.③結果 調査実施期間中に 12 例が登録された.登録された12 例すべての患者でflorbetapir (18F)投与における有害事象 は認められなかった.本装置の不具合が2 例2 件で報告された(その後の調査で,不具合は取扱 説明書の不備が原因と考えられ,現在では改訂済みである).PET 画像の品質は,アミロイドプ ラークの有無にかかわらず12 例のすべてで「良」もしくは「優良」であった.PET の結果によって 9 例で診断の変化があった.④結論 本調査に登録された12 例において,日常診療下での本装 置およびflorbetapir( 18F)の安全性および有用性が示唆された.
症例報告
  • 飯塚 裕介, 大橋 まひろ, 川崎 澄, 中井 一郎, 溝脇 尚志
    2019 年 56 巻 1 号 p. 117-120
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/09/09
    ジャーナル オープンアクセス
    症例は47 歳女性.2013 年の初発時から多発骨転移がありStage IV 乳癌としてホルモ ン療法・化学療法および局所コントロール目的の手術を施行.2018 年初めより右股関節の骨転 移性の疼痛と左大腿背側の神経性疼痛が出現し,病勢の悪化とともに疼痛症状も徐々に増悪した. 非ステロイド性消炎鎮痛薬や麻薬性鎮痛薬で除痛が得られないため,2018 年4 月にストロンチ ウム-89(89Sr) 治療を施行した.89Sr 治療後速やかに疼痛は寛解,鎮痛薬の投与は不要となり, 生活の質は著明に改善した.原疾患の増悪により2018 年10 月に死亡するまで,疼痛の再燃は 認めなかった.放射線治療は一般的に神経性疼痛には効きにくいといわれているが,神経性疼痛を 示す患者にも治療選択肢として考慮すべきだと考えられる.
報告
ワーキンググループ報告
分科会抄録
腫瘍・免疫核医学研究会 呼吸器核医学研究会
地方会抄録
北日本地方会
関東甲信越地方会
中国・四国地方会
九州地方会
支部会抄録
中国・四国支部会
学会雑誌相互紹介
最新中華医学会核医学分会雑誌論文紹介
feedback
Top