理学療法かごしま
Online ISSN : 2436-8458
最新号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
  • 花北 悠利, 佐藤 圭路, 杉安 直樹, 福屋 真悟, 生駒 成亨, 崔 権一
    2023 年 2 巻 p. 1-7
    発行日: 2023年
    公開日: 2024/05/27
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
    破傷風は外毒素により痙攣,呼吸不全等を呈し,薬剤による長期ICU 管理を要する疾患である。今回,集中治療医の薬剤管理及び全身管理と多職種連携下での早期リハビリテーション介入により発症前ADLの再獲得に至った重症破傷風の一例を経験した。症例は70 歳代男性,錆びた鉄柱で右腕を負傷後に開口障害,嚥下障害等が出現,直ちに鎮静薬・硫酸マグネシウム投与後に人工呼吸器管理を開始し,ICU 緊急入室となり破傷風の診断となった。細やかな薬剤管理と全身管理に加えて,毎日の多職種カンファレンスで病状把握と情報共有を行なった上でリハビリテーションを行った。その結果,独歩可能となり,Medical Research Council スコア54 点,Barthel Index も100 点へ改善し,発症前ADL の再獲得に至った。重症破傷風は長期の人工呼吸器と筋弛緩薬の使用によりICU acquired weakness のリスクが高くADL 回復に難渋するとされている。本症例は,急性期の段階まではICU acquired weakness に相当する状態であったものの,細やかな薬剤管理と多職種連携下でリハビリテーションを継続した結果,過剰な筋力低下や関節拘縮を呈することなく発症前ADL の再獲得が実現できたと考える。
  • 小牧 隼人, 原野 信人, 池田 大
    2023 年 2 巻 p. 8-13
    発行日: 2023年
    公開日: 2024/05/28
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
     介護予防・生活支援サービス事業対象者(以下,事業対象者)となった地域住民の自宅を介護支援専門員(Care Manager:以下,CM)とリハビリテーション専門職(以下,リハ専門職)で訪問する「同行訪問事業」の開始にあたり,これまでのCMの初回自宅訪問時の課題や,これからのリハ専門職との協働における期待や不安を明らかにすることを目的に,CM に対しアンケート調査を実施し,得られた回答をSteps for Coding and Theorization を一部改変した方法にて分析した。初回自宅訪問時の課題として,事業対象者の状態や信頼関係の未構築による聞き取りや生活環境確認の困難さ,事務作業も含めた長時間の訪問等が挙げられた。リハ専門職への期待では個別の事業対象者に対する助言とともに,情報共有や対話による協働が挙げられた。不安としては職種間の視点の違いやCM の負担感の増加,同行訪問の適切な時期や具体的方法の未構築が挙げられた。同行訪問により事業対象者の生活課題の解決に繋げたい一方で,関わり方次第では負担の増加も懸念され,協働方法について検討を重ね実践していく必要があると考えられた。
feedback
Top