詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "オアシス21"
17件中 1-17の結果を表示しています
  • 中山 哲士, 石野 久彌, 郡 公子, 永田 明寛, 長井 達夫, 相賀 洋
    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集
    2004年 2004.1 巻 G-10
    発行日: 2004/08/20
    公開日: 2017/08/31
    会議録・要旨集 フリー
    We measured the sensible and latent heat flux on the glass roof with water pond and the grass yard at the Oasis2l. The sensible heat flux on the water pond was 1/10 times larger than on the grass. The Bowen ratio is 2.0 on the grass and 0.2 on the water pond. And we suggested a possibility that the measurement of sensible heat flux above the void area using Scintillometer. The heat flux and temperatures around grass surface was calculated by numerical models. In as a consequence, the flux value was calculated almost properly. The thermal impacts of Oasis2l that the influence to the around thermal environment and radiant environment and so on are confirmed.
  • 永田 明寛, 石野 久彌, 郡 公子, 長井 達夫, 相賀 洋
    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集
    2004年 2004.1 巻 G-9
    発行日: 2004/08/20
    公開日: 2017/08/31
    会議録・要旨集 フリー
    The underground open space in OASIS 21 is a semi-outdoor space. It has a glass roof with a pond but has no wall above ground. Therefore its environment is strongly influenced by the natural wind. In this study, ultrasonic anemometers are placed above the glass roof and in the underground space to measure wind speed and direction. The vertical velocity distribution in the underground space and the wind speed and direction of underground pathways are also measured.
  • 一ノ瀬 雅之, 石野 久彌, 郡 公子, 永田 明寛, 長井 達夫, 相賀 洋
    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集
    2004年 2004.1 巻 G-8
    発行日: 2004/08/20
    公開日: 2017/08/31
    会議録・要旨集 フリー
    Oasis 21 consists of planted park, semi basement open space and glazed roof with water pond. Oasis 21 has unparalleled feature in not only appearance and space design, but also environmental engineering aspect: shading effect by water pond, ventilating effect by shape of the space and relaxation effect of heat island phenomenon by planted park and water pond. So, we investigate this building at summer, autumn and winter in 2003, by measuring temperature and humidity, wind direction and velocity, radiant flux, sensible and latent heat flux at all round of this building. These papers are compilation of analysis results of measurement from three points of view. This paper: Partl presents radiant environment with operative temperature containing short and long wave-band radiation, especially shading effect of solar pond caused by spectral selectivity at near infrared region.
  • 杉岡 洋一
    学術の動向
    2004年 9 巻 3 号 73
    発行日: 2004/03/01
    公開日: 2009/12/21
    ジャーナル フリー
  • 一ノ瀬 雅之, 石野 久彌, 郡 公子, 永田 明寛
    日本建築学会環境系論文集
    2005年 70 巻 592 号 9-14
    発行日: 2005/06/30
    公開日: 2017/02/11
    ジャーナル フリー
    This paper presents actual condition of spectral environment in urban outdoor space as represented by canopy space surrounded by building walls, and in urban semi-outdoor space as represented by glass-enclosed atrium. Measurement surveys are made with spectroradiometer which can measure 350-2500nm spectrum continuously, and with electric camera platform which can scan over the sky. Measurement result is that near-infrared region figure in canopy space, ultraviolet-visible region figure in atrium contrastively. Especially, in Oasis 21 covered glazed roof with water pond, solar radiation of near-infrared region is reduced drastically by spectral selectivity of water.
  • (株)大林組
    電気設備学会誌
    2013年 33 巻 9 号 722-723
    発行日: 2013/09/10
    公開日: 2014/09/06
    ジャーナル フリー
  • 諸田 健太郎, 五町 善雄, 相賀 洋, 大倉 雅広, 岡本 高志, 目次 謙一
    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集
    2006年 2006.2 巻 C-48
    発行日: 2006/09/05
    公開日: 2017/08/31
    会議録・要旨集 フリー
    In recent years, water mist cooling systems have been used in many places, and some studies on them have reported. In this report, we make clear the tendency of air temperature drop using pneumatic spray nozzles in the open air, through experiments, and compare the cost and the distribution of wet droplet of hydraulic spray system with those of pneumatic one.
  • 岡村 穣, 崔 碧瑩
    芸術工学会誌
    2009年 51 巻 62-63
    発行日: 2009/11/01
    公開日: 2018/12/19
    ジャーナル フリー
  • 鷹取 泰子
    日本地理学会発表要旨集
    2014年 2014s 巻 415
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/03/31
    会議録・要旨集 フリー
    ■研究の背景・目的 
    農林水産省の農産物地産地消等実態調査によれば、2010年世界農林業センサスで把握された全国16,816の産地直売所の92.9%が常設施設利用型であり、朝市等の常設施設非利用型は7.1%に過ぎない。後者の場合、初期投資が少ない等の利点があるほか、近年では軽トラックを活用した市場(軽トラ市)などの直売形態が全国各地で認められる。また同調査では地場農産物販売にあたり「高付加価値品(有機・特別栽培品)の販売」への取組状況が相対的に低いと報告されている一方、大西(2012)のような、有機・特別栽培品を中心に取り扱う直売活動の事例は全国各地で観察・注目される。そこで本研究では常設施設非利用型の直売所、および高付加価値品を取り扱う直売所の活動について、その存在意義を明らかにしながら、直売所がローカル・フードシステムに果たす役割や展開について明らかにすることを目的とする。

    ■事例地域概観 
    本研究では北海道十勝(総合振興局)管内の屋外型の有機直売市場を事例として取り上げる。同管内は日本で有数の大規模農業経営が展開され、食料供給の重要な拠点として機能している。北海道の大規模畑作農業地域は、井形ほか(2004)が指摘するように加工原料などを主たる生産物とする産地形成の中で、直売や契約栽培などによる環境保全型農業の推進が難しい地域の一つでもある。

    ■帯広市の直売市場(マルシェ)の概要 
    今回事例としてとりあげる直売市場(マルシェ)は商業施設(パン販売店)の店舗入口付近に設置される屋外型市場である。5月から10月までの約半年間、毎日2時間限定の営業である。創業60年以上のパン販売店は新しく旗艦となる店舗の開店に合わせ、有機農産物等を販売する直売市場の設置を模索し、帯広市内の有機農家Y氏に相談を持ちかける形で始まった。2013年に4シーズン目を迎えた市場は、有機農業や自然農法で生産された農産物やその加工品を販売する14軒の農家・農場からなる産直会によって運営され、シーズン中毎日2-4軒の農家が当番制で生産物の販売をおこなっている。

    ■常設施設非利用型の有機直売市場の存在意義 
    十勝管内の直売所は2012年時点で45個所が確認されている中にあって、分散する有機農家が本市場に参集し、有機や特別栽培品を志向する消費者の来店を促し、両者の出会いや交流の場としての役割を果たしている。またとくに本事例の場合、パン販売店の強力なバックアップと協力体制が直売市場を支える大きな基盤である。限られた季節・短時間の営業、当番制の販売形態では各農家の販売金額に占める割合はさほど大きいものではない。しかし既存の商業施設との協力しながら常設施設を利用しないことによる経済的負担の軽減等の効果は大きく、農産物の量り売り販売等とあわせコスト削減が実現できている。結果として慣行品よりは割高な値段設定をした場合でも、他所で販売される高付加価値品(有機・特別栽培品)に比較した場合の低価格を実現できている。これらが一部の購買層に評価され、少量多品目で珍しい品目の販売も生かしつつ直売市場の魅力や強みを生んでいた。

    ■今後のローカル・フードシステムの展開の可能性 
    地産地消をめざし地元農家と協力しながら地場産農産物の積極的な活用を実現してきたパン販売店と有機農家のネットワークにより支えられる直売市場の存在は、国の農業政策の中に位置づけられる十勝管内にあって、経済的な意義は大きいものではない。しかしながら近年、直売所の競合や需要の飽和状態という課題が諸分野から指摘されている状況で、例えば直売所の差別化を探る方策の一つとして、あるいは2011年の東日本大震災の発生に際し、直売所によって支えられるローカル・フードシステムが非常時の食料供給に重要な役割を果たしてきたという報告(大浦ほか(2012))なども踏まえながら、ローカル・フードシステムの中に積極的に位置づけること等でさらなる展開の可能性が見込まれるだろう。

    ■文献
    井形雅代・新沼勝利 2004. 北海道大規模畑作地帯における環境保全型農業の展開--津別町の有機,減農薬・減化学肥料タマネギ生産を事例として.農村研究 99: 82-90.大浦裕二・中嶋晋作・佐藤和憲・唐崎卓也・山本淳子 2012. 災害時における農産物直売所の機能―東日本大震災被災地のH市直売所を事例として―. 農業経営研究 50(2): 72-77.大西暢夫 2012. この地で生きる(6)にぎわいを創り出す支え合いの朝市: オアシス21オーガニックファーマーズ朝市村(名古屋市・栄).ガバナンス 137: 1-4.
  • 松本 直司, 大村 拓也, 彦坂 雄三
    日本建築学会技術報告集
    2014年 20 巻 45 号 693-696
    発行日: 2014/06/20
    公開日: 2014/06/20
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study is to clarify the planning parameters related to the use characteristics of the underground space linked to Hisaya Odori Park in Nagoya city. The following results were obtained. (1) It is important to improve the connection between the underground space and its surrounding buildings, and provide users with information about orientation. (2) Authors recommend removing steps from the underground space and installing elevators, which will connect it with the ground level. (3) To reduce the risks of possible disasters, it is necessary to improve the rate of space utilization and the recognition of evacuation itineraries.
  • 松本 直司, 石川 翔一, 杉本 隆典
    日本建築学会計画系論文集
    2013年 78 巻 689 号 1543-1549
    発行日: 2013/07/31
    公開日: 2013/09/05
    ジャーナル フリー
    This paper aims to clarify the relationship between simplicity and attractiveness in urban scenery based on Pragnanz law of Gestalt psychology. Authors analyzed the written comments and sketches of urban sceneries drawn by 18 subjects, in which they showed the ranges of simplicity and attractiveness as a direct method of extracting an area image.
    The results showed that simplicity and attractiveness exist simultaneously in many cases. This study helped in understanding the importance of adjusting the contrast between simplicity and attractiveness in the making of attractive urban scenery.
  • 鈴木 妃美子, 太田 壽江, 二村 佐和
    研究紀要
    2011年 36 巻 50-57
    発行日: 2011/03/09
    公開日: 2016/12/22
    研究報告書・技術報告書 フリー
  • 徳村 朋子, 黒木 友裕, 田島 大介, 野原 聰哲
    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集
    2015年 2015.5 巻 J-53
    発行日: 2015年
    公開日: 2017/11/15
    会議録・要旨集 フリー

    本研究では、大型外部ルーバーを有する建物の温熱光環境について、今後の設計仕様に展開できる実績データを取得することを目的として、竣工後の夏期・中間期・冬期に測定を実施した。対象建物の温熱光環境について様々な角度から評価した結果について報告する。 測定の結果、外部ルーバーによって太陽高度の高い夏期に日射が遮蔽される一方で、冬期には昼光が室奥まで入射していることを確認した。さらに自然換気による省エネルギー効果、水盤の反射光の特性を把握した。

  • 伊藤 孝紀, 木暮 優斗, 大矢知 良
    デザイン学研究
    2016年 63 巻 2 号 2_33-2_42
    発行日: 2016/07/31
    公開日: 2016/11/15
    ジャーナル フリー
     本研究では,名古屋市が管理する歩行者系サインを対象とし,設置環境による利用実態や表示面のデザインに対する評価の違いを把握することを目的とする。
     対象地区は名古屋駅地区,栄地区,名古屋城地区の3地区とし,対象地区内の歩行者系サインの類型化および後の調査箇所の選定を目的とした設置環境調査,歩行者系サインの利用者数および通過者数を明らかにすることを目的とした目視観測調査,表示面のデザインに対する評価および利用目的を把握することを目的とした利用者の評価調査をおこなった。
     目視観測調査から,利用者数が多い歩行者系サインの設置環境を把握した。利用者の評価調査により,地区により年代,居住地区,来訪目的など利用者の属性が異なるということを明らかにした。表示面のデザインに対する評価は市でデザインが統一されていた方が良いとされ,地図の文字サイズは小さいと評価された。また,地区内の設置環境および平日・休日の違いにより,利用目的が異なることを明らかにした。
  • 新田 博之, 秀島 栄三, 山本 幸司
    土木計画学研究・論文集
    2004年 21 巻 317-324
    発行日: 2004/09/30
    公開日: 2010/06/04
    ジャーナル フリー
    近年都市圏において発生している都市水害に対し、地下空間の浸水に対する脆弱性が指摘されている。本研究では、特に浸水発生時において地下鉄列車を安全に退避させるための具体的な列車退避方策を導き出すことを目的として、地下空間への浸水プロセスと列車退避プロセスを結合したモデルを構築する。名古屋市交通局鶴舞線に本モデルを適用した上で、浸水に対する合理的な防災計画の策定について考察する。
  • 木田 勇輔
    日本都市社会学会年報
    2016年 2016 巻 34 号 106-123
    発行日: 2016/09/03
    公開日: 2017/11/01
    ジャーナル フリー

        Populism is one of the most critical issues in Japanese urban politics. This case study examines urban populism through an urban regime analysis of the urban politics of Nagoya city, which has experienced populist politics since Mayor Kawamura took office in 2009.
        The most crucial point of this case study is the disintegration of the urban regime of Nagoya in the late 1990s. During the 1980s, this regime restructured itself with developmental and distributive politics. Business leaders supported developmental policies such as the conducting of mega events and building of public facilities. City politicians practiced machine politics and influenced the mayors. Such an urban regime lasted from the early 1980s to mid-1990s.
        However, the regime disintegrated in the late 1990s due to the weakening of machine politics. Politicians lost their power to mobilize voters, making voter behavior unpredictable. This created a power vacuum and made it easy for political leaders to get popular support through populist mobilization. In 2009, Mayor Kawamura was elected with over 500,000 votes (58.57%), and since then, Nagoya has experienced a political confrontation between the mayor and city politicians. This disintegration of the urban regime produced urban populism in the city.
        Populism is often considered to be a driver of political changes. However, in this case study, a rearrangement of the city regime brought about urban populism. This study indicates a potential for studies comparing the urban politics of Japan through urban regime analyses.

  • 春日 和俊, 伊藤 孝紀, 堀越 哲美
    日本建築学会計画系論文集
    2012年 77 巻 681 号 2577-2584
    発行日: 2012/11/30
    公開日: 2013/05/28
    ジャーナル フリー
    The objective of this paper is to clarify the characteristics of the art event in urban space from the viewpoint of the relationship among the appreciators, art works and site environment and to confirm the possibility of an area direction to accelerate the communication and revitalization. Field surveys were carried out to identity the appreciators way finding to reach art works, and their behavior to evaluates and appreciate the art works. The results are as follows.
    People chose the street in which many persons gathered and in which has thriving and historic and unique characteristics. They also prefer the extraordinary object and unequivocal art, and gave them high evaluation. First time visitors chose the works with simple mechanism and intimacy work. As for appreciation behaviors, they took a photograph, listen to explanation, read objects and made conversation. However, the following behaviors were observed at the works with thee special mechanism or particular appreciation method riding, touching, seating and so on.
feedback
Top