詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "シャハーダ"
19件中 1-19の結果を表示しています
  • 青木 康
    史学雑誌
    2002年 111 巻 11 号 118-119
    発行日: 2002/11/20
    公開日: 2017/12/01
    ジャーナル フリー
  • 橋爪 烈
    史学雑誌
    2002年 111 巻 11 号 117-118
    発行日: 2002/11/20
    公開日: 2017/12/01
    ジャーナル フリー
  • 小田 淑子
    日本エネルギー学会大会講演要旨集
    2005年 14 巻
    発行日: 2005/08/04
    公開日: 2017/03/22
    会議録・要旨集 フリー
  • インドネシア・西スマトラ州パリアガン村における事例研究
    服部 美奈
    比較教育学研究
    1996年 1996 巻 22 号 139-151,216
    発行日: 1996/06/15
    公開日: 2011/01/27
    ジャーナル フリー
    The purpose of this article is to analyze ritual and religious education in Islamic society. Ritual in Islam is defined as a series of Islamic ceremonies based on “al-Qur'an” and “hadits”. It is carried out in the life stage of a human being from birth until death.
  • 松永 繁
    敬心・研究ジャーナル
    2017年 1 巻 2 号 103-107
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/09/20
    ジャーナル フリー

     介護福祉分野において外国人介護職が増加している。その中にはイスラーム教徒も多数存在しており、彼らとの協働の機会も増えているが、宗教への理解や生活習慣への理解の困難さも報告されている。

     本稿では、多文化共生の視座を得る目的で、イスラームの世界観をキーワードに検討した。結果、イスラームはお互いの世界観の存在を前提に自らのイスラーム世界の律法の対象としない等、他世界への侵入を行なわないことで共生を実現してきたイスラーム観が存在していた。

     また、多文化共生の障壁として、対等な関係性を前提としていない社会的構造が存在し、これが並行社会へと向かうことにもつながる。

     以上のことから、多文化共生実現のためには、宗教の教義や文化、習慣といった理解に終始するのではなく、文化相対主義の視点と対等な関係性を前提とした社会的構造の構築の必要性が示唆された。

  • 仁子 寿晴
    中国語中国文化
    2020年 2020 巻 17 号 226-282
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/05/11
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
  • 長澤 実佳
    日本臨床麻酔学会誌
    2019年 39 巻 7 号 662-668
    発行日: 2019/11/15
    公開日: 2019/12/17
    ジャーナル フリー

    微小血管手術を予定された54歳の女性イスラム教徒患者の周術期管理を経験した.イスラム教の宗教上の理由から,麻酔管理では生物由来製品(ブタ),アルコールは使用できないなど使用薬剤に制限があり,患者に確認を行う必要があった.イスラム教徒の周術期管理には,麻酔管理以外にも通訳の問題,ハラール食の提供,未婚の女性では男性医師の診察に制限がある,生活習慣の違いを理解する,などの配慮が必要となることがある.当院で経験した症例から学んだ,イスラム教の概要と,使用に制限のある生物由来製品を提示し,イスラム教徒患者の周術期管理における注意点を考察する.

  • 内藤 陽介
    日本中東学会年報
    1996年 11 巻 319-340
    発行日: 1996/03/31
    公開日: 2018/03/30
    ジャーナル フリー
    Mohammed Arkoun (1928〜), one of the most important Muslim neomodernists, criticizing the "fundamentalist" views of Islam, strives for the integration of Islam with modernity. He distinguishes fait coranique (Quranic fact) from fait islamique (Islamic fact). The former is an ideal expressed in the words of God, and the latter is the result of the human interpretative activities in the context of specific historical situations. He tries to show that contemporary Islam is the fusion of both. Accordingly he proposes the critique de la raison islamique (criticism of Islamic reason), and tries to place Islam in the contemporary historical perspective. Arkoun's attitude toward the Quran is a reconstruction of its values not from the objective outside, but from the subjective inside. His approach is arguably a reflection of a sense of being marginal. He was born a "Berber" in Algeria and now lives in France. Perhaps because Arabic and French, the languages he writes in are not his mother toungues, he has a more detached objectivity. Residing on the margins of the Islamic culutural sphere, he can have an outsider's view of Islamic society and its values. Precisely because of this, that society tends to find his thought difficult to accept. Arkoun's methodology is often regarded as "dangerous" in the Islamic world. His thought not only deserves close analysis on its own merit but also because by observing its reception in the Islamic world we may be able to gain insights into future directions of the intellectual debate on Islam.
  • 鈴木 斌
    印度學佛教學研究
    1981年 30 巻 1 号 104-111
    発行日: 1981/12/31
    公開日: 2010/03/09
    ジャーナル フリー
  • 青柳 かおる
    オリエント
    1999年 42 巻 1 号 53-66
    発行日: 1999/09/30
    公開日: 2010/03/12
    ジャーナル フリー
    Fakhr al-Din al-Razi (d. 606/1209), an Ash'arite theologian after Abu Hamid al-Ghazali (d. 505/1111), is a thinker who is influenced by philosophy and also has an inclination to mysticism. The author tries to clarify the role of the interpretation of mi'raj in his thought by examining of his Qur'an exegesis (tafsir), Mafatih al-Ghayb.
    Mi'raj means the ascension of Prophet Muhammad which is based on Qur'an 17:1, and there are many traditions (hadith) of mi'raj. A later tradition says that Muhammad made the nocturnal journey (isra') from Mecca to Jerusalem riding on Buraq with Gabriel, and ascended to the presence of God, by passing through seven heavens, meeting a prophet at each heaven.
    In the interpretation of Qur'an 17:1, Râzî proves that the journey of Muhammad was made with both soul and body and it was not a mere vision. In the interpretation of Fatihah, on the other hand, he interprets mi'raj as follows: Muhammad reached God after passing through the two material worlds, the earthly world and the heavenly one, and also experienced spiritual mi'raj, that is, the spiritual ascension from the material world to the invisible one (spiritual world), and to the further invisible world (God). This spiritual mi'raj means the ascendant process of a soul which aims at annihilation (fana'), and man can experience spiritual mi'raj through mystical exercises.
    This interpretation of spiritual mi'raj is based on his classification of beings. He classifies created beings into that which occupies space, that which resides in subject that occupies space and that which does not occupy space nor does reside in subject that occupies space.
    It seems that Razi tries to take mysticism into his cosmology which mixes the theological atomism and the philosophical ontology through his interpretation of mi'raj.
  • 米山 俊直
    社会・経済システム
    2002年 23 巻 1-9
    発行日: 2002年
    公開日: 2017/07/28
    ジャーナル フリー
  • 藤本 勝義
    日本文学
    2005年 54 巻 5 号 47-55
    発行日: 2005/05/10
    公開日: 2017/08/01
    ジャーナル フリー
    単なる夢想と違い、故人の夢告は、人間生活にかなり制約を与えるものであった。毎年のように天変地異や疫病、飢餓に見舞われる人間にとって、身分の高下に拘わらず精神的に縋り付くものの一つとして夢告が存在した。御霊信仰、特に菅公霊の夢告・託宣は、同情・共感、政治批判に支えられ、広く社会に受け入れられた。源氏物語の夢告、特に桐壺院のそれは、菅公説話が重ねられることからも神格化し、物語の重要な展開を領導する役割を担わされていたと考えられる。
  • 亀谷 学
    日本中東学会年報
    2008年 24 巻 1 号 17-43
    発行日: 2008/09/25
    公開日: 2018/03/30
    ジャーナル フリー
    According to traditional understanding, "Caliph (khalifa)" stands for "the successor to the Apostle of God (Khalifat Rasul Allah)." Some scholars, however, claimed that its original meaning was "the Deputy of God (Khalifat Allah)." There are some issues to be considered in their argument. Firstly, they examined literary sources and inscriptional sources on the equal footing. Secondly, they did not examine other titles of Caliph as "Commander of the Faithful (Amir al-Mu'minin)" and "the Servant of God ('Abd Allah)." In this paper, the titles of Caliph in Umayyad period are examined based on inscriptional sources. The results of the investigation are: (1) the main title of Caliph was "Commander of the Faithful." The second title was "the Servant of God" and the formal form of reference to Caliphs was "the Servant of God, Caliph's name, Commander of the Faithful." The title "the deputy of God" appears only in the references to 5th Umayyad Caliph 'Abd al-Malik. (2) Titles of Caliph can be divided into two categories: title that concerned about the relation between Caliph and people ("the Commander of the Faithful"), and titles about the relation between Caliph and God ("the Servant of God," "the Deputy of God").(3) Adoption of the title "the Deputy of God" by 'Abd al-Malik was aimed to express the stronger connection between Caliph and God.
  • 藤井 守男
    オリエント
    2002年 45 巻 2 号 56-74
    発行日: 2002年
    公開日: 2010/03/12
    ジャーナル フリー
    The Rawh al-arwah, written by an erudite preacher Shihab al-Din Ahrnad-i Sam'ani (d. 534/1140), is the first complete commentary in Persian on the Divine names (al-asma' al-husna). In this significant Sufi treatise, the author has emphasized on the superiority of the human being to the angels by arguing that the heart of human beings, unlike those of the angels, is the treasure of love and pain.
    Although some of the points that Sam'ani discussed are traceable to Maybudi's Kashf al-asrar (written after 520/1126), a well-known -Persian Qur'anic exegesis with mystical inclination, the originality of his thought and style of preaching (wa'z) in the Rawh al-arwah is evident. This text unquestionably forms a decisive element for formation of Persian Sufi literature in its historical development.
    It seems that Sam'ani, an eloquent preacher with great talent as poet and tradition narrator (muhaddith), was under the influence of the Ash'arite school of theology. In this treatise, he extensively discusses such topics as acquisition of the predestination (kasb-i taqdir), the omnipotent power of God (qudrat), beatific vision of God in the Hereafter (ru'yat), and inner speech (kalam-i nafsi). This author concludes that Ash'arite doctrines informed the framework of Sam'ani's mystical thought and that his various discourses, tinted with mysticism in the text, were formed mainly under the influence of these theological dogmas.
    This author's investigation into the mysticism of the Rawh al-arwah makes it clear that this treatise constituted an important work that marked a turning point in the development of Persian Sufi thought during the 6th/12th century. The beauty of God (jamal) causes an aesthetic sense (dhawq) in the heart of an ascetic (zahid), and the sense transforms him a narrator of the divine beauty. The aesthetic sense gifted by the Divine beauty is one of the main characteristics by which one can distinguish tasawwuf (Islamic mysticism) from zuhd (Islamic asceticism).
    Sam'ani's thought had an extensive impact on the Persian mystical literature. Particularly, the poetry of Farid al-Din 'Attar (d. 627/1229 or 618/1221), one of the most gifted Sufi poets, can be considered as the one that shares the same characteristics as Sam'ani's Rawh al-arwah.
  • 高田 信良
    宗教研究
    2009年 83 巻 2 号 503-524
    発行日: 2009/09/30
    公開日: 2017/07/14
    ジャーナル フリー
    <仏教には、倫理、とりわけ、社会倫理が欠如している>との批判がある。倫理が、なんらかの超越的実在に規定されるような道徳・社会的規範、あるいは、社会形成力を持つ規範などと理解される場合には、たしかに、そうであろう。仏教は、「出世間」の宗教であり、「世間」(社会生活)で価値形成的にはたらく行為規範を教えるものではないからである。現代のグローバル化状況における<宗教多元>は<価値多元><倫理多元>でもある。宗教が倫理的生の周縁部へと追いやられてしまっているだけではない。人間的な存在欲求の直接的なぶつかりあいのなかで倫理不在でもある。個々の宗教倫理、市民社会の倫理などの混在状況において、各々は、互いに限定的なものであり、かつ、独自なものであることを際立たせ合っている。<宗教と倫理>(の異同/関係)が関心事とされることにより、各々の宗教における実践(宗教倫理)のアイデンティティが問われてくる。仏教における実践性は、仏教徒の行う世俗倫理にあるのではなく、<仏教徒になる>ところにあるのではないだろうか。「念仏の教え」に焦点を当てつつ考えてみたい。
  • 地域社会、都市的空間、トランスカルチュラル空間
    佐島 隆
    宗教研究
    2020年 94 巻 2 号 137-164
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/12/30
    ジャーナル フリー

    本稿の目的は、アレヴィーという人々がトルコ国内の地域社会から都市部へもしくはトルコからドイツへと越境することによって生じるアレヴィーリキ(アレヴィーなるもの、アレヴィー主義)の変化について明らかにし、多文化社会や異なる価値体系の共存する社会の中で変化、調整、適合をしているアレヴィーリキを通して「越境と宗教」について考察することである。

    一九九六―二〇一八年までの臨地調査による観察や資料収集から得たデータを中心にして、トルコのアレヴィーやドイツのアレヴィーのトルコ系移民の動向やアレヴィーリキの変化を明らかにしたい。

    アレヴィーリキは宗教とも文化とも考えられ、明確ではない。伝統的と考えられるアレヴィーリキが、イスラームやキリスト教の卓越する「多文化」社会(トランスカルチュラルな空間)、都市的社会、世俗主義社会などの社会的政治的環境のなかで、調整、適合、変化させ、持続、存続する様態を明らかにする。

  • 日本の主流社会とイスラームの関係を捉える出発点として
    桂 悠介
    未来共創
    2020年 7 巻 161-192
    発行日: 2020年
    公開日: 2021/04/22
    ジャーナル フリー
    本稿の目的はコンヴァージョン、生き方や考え方の根源的な変化のプロセスの研究に「共創」の可能性があることを提示することである。特に日本社会において一般的にイメージが芳しくないイスラームへのコンヴァージョンに焦点を当てる。本研究において「共創」は従来の創造的共生をめぐる議論を踏まえ「創発的」な共生と捉える。共創が必要な領域として日本社会における様々なレベルでのイスラームをめぐる共生という課題があるが、それらの課題の前提には、主流社会とイスラームの認識論上の根強い境界が存在する。近年、その境界を問い直しうる「日本人ムスリム」研究がなされ始めたが、先行する「日本的イスラーム」や「異化を通じた社会統合」アプローチには、同化や他者化といった問題がある。個々人の「内的世界の創発性」を示すコンヴァージョン研究は他者とされてきたイスラーム理解と同時に自己理解の深まりを提示することで、双方の境界を相対化する可能性がある。長期的にはコンヴァージョン以降の実践の結果として、ムスリム・コミュニティにおける日本の主流社会への理解の深まり、新たな関係性の創出や、さらなる実践における課題を見出しうる。
  • イスラームと音の関係について
    堀内 正樹
    民族學研究
    2000年 65 巻 1 号 25-41
    発行日: 2000年
    公開日: 2018/05/29
    ジャーナル フリー
    クリフォード・ギアツの著書に有名な 『Islam Observed』がある。視覚を通してイスラームを理解するということだろうか。しかし本稿では、見たり見られたりするイスラームではなく、聞いたり話したり呼びかけたりするイスラームがあって、その方が現実感があると考える。モロッコにおいてイスラームが提供する音には,コーランの詠唱に始まり,祈りの呼びかけ,預言者賛歌,神学のテクストの詠唱,神秘主義教団の祈祷句,憑依儀礼の音楽など様々なものがある 。一方 「音楽」の諸ジャンル,たとえば古典音楽,民俗歌舞,商業音楽などにも宗教的な要素が深く浸透している 。宗教音はこうした個々の音のジャンルを乗り超えて柔軟に結び合わされ,全体として人々に感覚としてのイスラームを提供しているように思う 。その感覚の統合化に機能する音の特徴として,本稿では「脱分節性」という概念を提起する 。この特徴は意味の分節化を抑制する機能を持ち,結果として特定の意味ジャンルを越え出て,それらを相互に結び付けることを可能にする。従来のイスラーム社会の分類方法の主流を占めてきた「正統イスラーム」対「スーフイズム」, あるいは「学究的イスラーム」対「土着信仰」といった視覚的な分類枠もこうした音文化分析によって組み替えることが出来るのではないか,という可能性を示してみたい 。
  • 岡崎 文彬
    造園雑誌
    1972年 36 巻 4 号 32-39
    発行日: 1972/03/30
    公開日: 2011/07/19
    ジャーナル フリー
    The Taj Mahal is surely one of the most beautiful pieces of architecture in the world, but we should not overlook the garden that was once beautifully created by Shah Jahan for the memory of his beloved queen Mumtaz Mahal.
    Compared with the original plan, the garden has changed through the ages, but if we observe the garden carefully, we can still recognize the original spacial design of the garden. The marble tank which is placed in the center of the garden especially breaks the simplicity of the large plain garden.
feedback
Top