詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "在日朝鮮人"
696件中 1-20の結果を表示しています
  • 小林 聡明
    マス・コミュニケーション研究
    2002年 61 巻 146-161
    発行日: 2002/07/31
    公開日: 2017/10/06
    ジャーナル フリー
    The purpose of my paper is to analyze the development of Korean newspapers in Japan from 1945 to 1949. It focuses on the following two aspects. The first is the social context surrounding the birth, the second is the way in which these newspapers were affected and made change direction in such area as editorial policy of Korean newspapers in Japan, by a kind of "power". In this way, I clarify that Korean newspapers in Japan emerged in the all of the political groups integrated, and their editorial directions had been spreading diversely. However, the conflicts caused by the cold war and the changes in the publishing environment forced Korean newspapers to align with one or the other of the two Korean organizations. Thus, Korean newspapers in Japan lost their diversity and incorporated into the paradigm of binaries. The question now arises: What "power" compelled the Korean newspapers in Japan to split into two camps? A further direction of this study will be the analysis of the mechanism of power in the censorship system of GHQ/SCAP.
  • 金 貴粉
    日本文化人類学会研究大会発表要旨集
    2018年 2018 巻 F1
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/05/22
    会議録・要旨集 フリー
    本発表は、入所者の中でも不自由度の高い視覚障害者や戦後に不安定な立場に置かれた在日朝鮮人が、療養所内で生じた問題に対し、どのように解決に向けた取り組みを行ったのか、またそれが入所者による「患者運動」の中でどのような意味を持ったのかについて明らかにする。特に不自由者看護職員切替や年金問題への取り組みを中心に考察し、入所者同士による「共闘」や療養所内にはかられた「共生」の実態についても述べる。
  • 橋本 みゆき
    社会学評論
    2017年 68 巻 1 号 163-164
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/06/30
    ジャーナル フリー
  • 竹ノ下 弘久
    社会学評論
    2000年 51 巻 2 号 270-271
    発行日: 2000/09/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
  • 金 永子
    社会福祉学
    2007年 48 巻 1 号 216-219
    発行日: 2007/05/31
    公開日: 2018/07/20
    ジャーナル フリー
  • 福本 拓
    人文地理
    2004年 56 巻 2 号 154-169
    発行日: 2004/04/28
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
    This paper analyzes the residential concentrations of Korean people in Osaka city and its changes from the end of the 1920s to the beginning of the 1950s. The statistical data and documents on Korean people in the city and their living conditions were obtained from the National Census, Police Survey and local administrative researches. Korean concentrations changed spatially and socially, and the economical and historical factors associated with these changes can be described as follows:
    (1) The formation of Korean concentrations during the 1920s.
    Since the beginning of the 1920s, a great number of Korean people migrated into Osaka city, and most of them were composed of single male workers. During this period, three concentrations were formed: (a) the southeastern ward, which was the biggest concentration of Korean workers who were employed in small factories; (b) the southwestern ward, where industrial, constructional, and odd-job workers were dominant, and (c) the ward south of the Yodo River, where most Koreans worked at medium-size glass and textile factories.
    (2) The expansion of the Korean concentrations during the 1930s to the end of World War II.
    During this period, the Korean population increased rapidly and was four times larger than it was at the end of the 1920s. Newly-arriving Korean people tended to settle into already-established Korean concentrations and surrounding areas. The actual Korean population distribution pattern and its occupational characteristics did not change. On the other hand, social differentiation within Korean communities became distinctive during this period. The most important development was that a few Korean entrepreneurs managed to establish their own businesses in the southeastern and southwestern concentrations.
    (3) The disappearance and remnants of the Korean concentrations in the US occupation period (1945-52).
    Shortly after World War II, many Korean people left Japan for their mother country. The number of Koreans in Osaka drastically and quickly decreased. Because most of the wards in central Osaka had been seriously damaged by the US forces' air attacks in WWII, the Koreans in those destroyed districts lost everything and had no reason to continue their residence in Japan. This situation resulted in the disappearance of the concentration on the south side of the Yodo River. On the other hand, the other Korean concentrations survived in the southwestern and southeastern areas due to less destruction from the air attacks. Fortunately, many Koreans in these areas did not lose their residences and workplaces. Moreover, Koreans who owned a property found it difficult to return to their home country because Korean repatriates were permitted to carry back only a limited amount of money and goods with them. In the remaining concentrations, most Koreans who owned their own business chose to stay in Osaka.
    Based on the above analyses, the following concluding remarks can be made: (a) Since the establishment of the Korean population concentrations in these three areas, local industrial activities were a major influential factor in determining the employment status of the Korean population; (b) During the US occupation period, residents whose homes were destroyed by the bombing in WWII tended to leave Osaka and their concentrations disappeared. The Korean people who were business-owners and who lived in the less-damaged areas remained in Osaka. Consequently, the southeastern and southwestern Korean concentrations still exist even until today.
  • 鄭 暎惠
    社会学評論
    2014年 65 巻 2 号 298-299
    発行日: 2014年
    公開日: 2015/09/30
    ジャーナル フリー
  • 市原 博
    土地制度史学
    1999年 41 巻 2 号 64-65
    発行日: 1999/01/20
    公開日: 2017/12/30
    ジャーナル フリー
  • 李 洪章
    社会学評論
    2010年 61 巻 2 号 168-185
    発行日: 2010/09/30
    公開日: 2012/03/01
    ジャーナル フリー
    本稿は,朝鮮籍を有する若い世代の在日朝鮮人の語りから,彼らのナショナル・アイデンティティについて考察し,さらには彼らが政治的/社会的に不利な状況を打破するために打ち立てる生存と連携のための戦略のあり方を明らかにするものである。
    朝鮮籍者は,在日朝鮮人の法的地位が変遷していくなかで,一貫して管理対象として取り扱われ,「無国籍者」あるいは「北朝鮮国民」として一方的に規定されてきた.ただし,こうした管理体制のもとで,朝鮮籍者が一貫して受動的な生を営んでいるわけではない.朝鮮籍者はみずからが維持している朝鮮籍を,あらゆる眼差しを受けながら解釈しなおし,朝鮮籍に積極的な意味づけを行おうとする.また,こうした実践は,つねに日本人/日本籍者/「ダブル」など,異なる他者との日常的なコミュニケーションのなかで行われる.それゆえ,朝鮮籍問題をめぐる連帯構築に向けた模索からは,日常生活に根ざした「権力性を伴わない開かれた連帯」の可能性をうかがい知ることができる.
  • 原 仁司
    日本文学
    2009年 58 巻 10 号 86-
    発行日: 2009/10/10
    公開日: 2017/08/01
    ジャーナル フリー
  • 小山 千登世
    日本文学
    2009年 58 巻 10 号 86-
    発行日: 2009/10/10
    公開日: 2017/08/01
    ジャーナル フリー
  • 福本 拓
    日本地理学会発表要旨集
    2017年 2017a 巻 403
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/10/26
    会議録・要旨集 フリー
    Ⅰ導入
    エスニック集団にみられる自営業者層への集中は,しばしば明瞭な経済サブシステムとして機能するエスニック経済の最重要の特徴の一つと捉えられている。エスニックな自営業者は往々にして空間的集中を伴うゆえに,空間的な観点からの分析も数多く蓄積されてきた。自営業者の空間的偏在は,取引関係を通じたリンケージ形成に代表される経済地理的要因や,資金・労働力の由来となるエスニック・ネットワークの介在といった社会的要因によって生成すると捉えられる。加えて,既存研究では,資金・労働力や顧客の供給源として,集住地区の存在がエスニック経済に不可欠な役割を果たす点も指摘されてきた。 しかし,エスニック経済と集住地区との結び付きについて,それが変化する背景要因の検討は必ずしも進んでいない。例えば集住地区からの転出を促しうるエスニック集団の社会経済的地位の上昇や,経済リストラクチャリングに伴うエスニック経済の縮減が居住分布に与える影響など,こうした結び付きに変化をもたらしうる集団内外の要因が存在しうる。本研究では,職住近接を特徴とする在日朝鮮人のエスニック経済と集住地区との関係を事例に,両者の動態的な連関性の分析を試みたい。
    Ⅱ用いる資料
    本研究では,大阪市とその隣接市を対象地域とし,時期の異なる二つの資料から,在日朝鮮人自営業者の分布を比較して集住地区との関係を分析する。具体的には,『在日韓国人名録』(1981)と『在日韓国人会社名鑑』(1997)をもとに,分布の地図化や業種等の属性に基づく差異を検討する。前者については1,865件,後者は1,029件が分析対象となる。
    Ⅲ在日朝鮮人自営業者の分布(1980年)
    自営業者の業種別構成としては,製造業が過半数を占め,卸売・小売業(特に金属スクラップ),建設業の順で多い。経営者の本籍ごとに集計したところ,プラスチック製造や履物製造で済州島が,建設業で慶尚北・南道が,金属スクラップでは忠清南道・全羅南道の特化係数が高いという特徴がみられた。ここからは,一部業種において,地縁に基づいたリクルートが存在した可能性がうかがえる。 分布を集住地区との関係からみると,製造業,特にプラスチック製造(212中133, 62.7%)や履物製造(85中69, 81.2%)は集住地区内にその多くが立地するのに対し,建設業(174中12, 6.9%)や金属スクラップ(119中24, 20.2%)は分散立地の傾向にある(図参照)。集住地区で特徴的な職住近接傾向の背景として,同胞労働力への依存度合の高さのほか,フレキシブルな生産を可能にする事業所間リンケージの必要性が影響していると考えられる。
    Ⅳ在日朝鮮人自営業者の分布(1997年)
    この時点では製造業が最多であるものの,その割合は約3分の1にまで低下した。1980-97年に創業した事業所の業種をみると,プラスチック製造を除き製造業は少なく,代わりに建設業・不動産業・生活サービス業(パチンコホール含む)が多くを占める。こうした業種別の動向は,国勢調査の結果からも確認でき,外国人事業主の減少率は,製造業で36.1%,卸売・小売業で14.6%にのぼった。業種ごとの分布傾向に大きな違いはないものの,製造業の割合の低下により,特に集住地区への集中傾向が弱まったといえる。
    Ⅴ考察
    集住地区における職住近接の不明瞭化の要因として,以下の二点が想定される。第一に,対象時期の製造業の減少は,在日朝鮮人事業者に限らず,対象地域において広範にみられた。ここには,労働集約的性格の強い業種の低迷が反映されている。職住近接を特徴とする在日朝鮮人の製造業事業所は,概して零細規模で,家族労働者の多さというコスト面の優位性を有していた。しかし製造業の退潮は,特に規模の小さい事業所の存立を難しくしたと考えられる。第二に,人的資本と職業階層のズレの縮小という集団内部の影響が推測される。かつては自営業者層に占める高学歴者の割合が大きかったが,次第に職業階層の上昇が顕著となった結果,低コストという優位性を維持できる労働力プールが縮小した。これらのエスニック集団内外の要因は,集住地区における自営業者を中心とした職住近接傾向を弱めるように作用したと考えられる。以上の考察は,集住地区内外での在日朝鮮人の社会経済的地位の相違や,集住地区での人口の社会減からも,部分的に裏付けられる。
  • 金 守良, 梁 茂寛, 徐 昌教, 姜 京富, 生方 享司, 門奈 丈之
    消化器集団検診
    1986年 1986 巻 72 号 7-12
    発行日: 1986/09/15
    公開日: 2012/12/11
    ジャーナル フリー
  • 小林 孝行
    ソシオロジ
    1980年 24 巻 3 号 37-55,133
    発行日: 1980/03/31
    公開日: 2017/02/28
    ジャーナル フリー
     The Korean minority people have lived in Japan for almost a century.They were produced by the Japanese Imperialism. The Korean minority problem in Japan, therefore, is one of some aspects in the course of the development of Capitalism in modern Japan.
     We can generally think that this problem is broadly divided into two stages, the first stage is before the World War 2, and the second is after that. Recently, the population of the second and the third generation in the Korean minority people in Japan increased, and the crisis of the ethnic identity seems to arise among them.
     So, the Korean minority problem in Japan has not only the historical context, but also the contemporary significance. Nevertheless, it has not sufficiently been researched in social sciences yet.
     I consider this problem from the interrelationbetweentheKorean minority peple and the Japanese majority people in Japan. Here, I pick up and use three sociological perspectives, minority, marginal man and identity, and begin to research the Korean minority problem in Japan.
     By means of marginal man theory, I can see to examine some of the Japanese who have any relations with the Korean. Generally speaking, though no one of these perspectives cannot perfectly catch the totality of this problem, it is evident that each perspectives successfully illustractes certain characteristics of this problem today.
     That is my understanding in this preparatory study. So, it is said that this indicates variety of the Korean minority problem in Japan today.
  • 康 陽球
    文化人類学
    2017年 81 巻 4 号 586-603
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/02/23
    ジャーナル フリー
    近年のエスニシティ研究において、国家やアクティビズム、メディアによって創出される言説や表象が、「エスニックな現実」の構成と変容において重要な役割を果たすことが指摘されてきた。とくに在日朝鮮人研究では、在日朝鮮人の民族的現実の変容における公共圏の役割が強調され、親密圏は社会や公共圏に従属的な領域であるととらえられてきた。そのため、在日朝鮮人研究をはじめとした近年のエスニシティ研究において、日常的な生活空間は、人々のエスニックな現実に変容をもたらす重要な拠点になるとみなされてこなかった。このような議論に対し本論文では、親密圏の政治性を主張する政治学者、齋藤純一の議論に依拠し、エスニックな現実の変容に対して日常的な共在関係が果たす役割を検討する。そのために本論文では、関西地方在住の、在日朝鮮人二世~四世と結婚した日本人女性14名(20代~60代)に行ったインタビューのなかから、公的な言説に親和的な民族認識をもっていた二人の日本人妻の事例を取り上げる。1970年代以降、日本の社会運動のなかで、在日朝鮮人の社会的排除に対する日本人の責任が問われてきた。二人の日本人妻はともに、「日本人の責任」を認識し、その認識を、在日朝鮮人である夫や夫の家族との関係のなかで実践してきた。多くのインフォーマントが、嫁や母として求められる役割を遂行することで、在日朝鮮人の家族やネットワークに包摂され、民族的差異に関する意識を希薄化させていたのに対し、二人にとって嫁や母の役割を遂行することは、在日朝鮮人と日本人の境界を家庭内で再生産することにつながっていた。しかし、このような二人の民族認識は徐々に変化する。本論文では、二人の民族認識の変容に、親密圏における具体的な他者との間に築かれる、共感や受容の関係が関わっていることを論じ、民族認識の変容における親密圏の重要性を主張する。
  • 洪 ジョンウン
    フォーラム現代社会学
    2015年 14 巻 3-16
    発行日: 2015/06/25
    公開日: 2017/09/22
    ジャーナル フリー
    本稿は、1960年代において在日朝鮮人女性が「女性同盟」の活動を通じて獲得した民族アイデンティティの特徴について考察することを目的とする。北朝鮮を支持する「朝鮮総連」の傘下団体である「女性同盟」は、戦後、最も古い歴史を持つ在日朝鮮人女性団体である。北朝鮮への帰国運動が始まったばかりの1960年代初頭、大阪では「女性同盟」の活動家によって朝鮮学校に「オモニ会」が発足され、公的領域においてもオモニ役割が遂行されるようになった。北朝鮮の影響を受けて1962年に開かれた「オモニ大会」ではオモニとしての役割が公式に強調され、北朝鮮の「革命的オモニ言説」が総連系在日朝鮮人社会に広がる契機となった。「女性同盟」は「康盤石女史を見習う運動」を行い、金日成の母である康盤石を理想化した。康盤石は自ら革命家になるよりも、革命家の子どもを育てることに重点を置く女性像であったため、「女性同盟」の活動家にとって良妻賢母主義を批判的に克服することは難しかった。一方、多様な女性闘士が登場する『回想記』シリーズを用いた学習では、自ら革命の闘士となった女性像を探り出す転覆的読み方の試みが行われ、新たな遂行性の可能性を見せた。1960年代総連系在日朝鮮人の民族運動はジェンダー化されていたため、それに参加した女性主体は、オモニ役割の遂行によって、単なる民族アイデンティティではなく、オモニというジェンダー化された民族アイデンティティを遂行的に構築・再構築したといえる。
  • 李 洪章
    日本オーラル・ヒストリー研究
    2010年 6 巻 57-65
    発行日: 2010/09/12
    公開日: 2018/12/10
    ジャーナル フリー
    In this article 'I' as an involved party among the Korean residents in Japan or from the records of my struggle experienced as a researcher refer to how I have been seeking my positionality through the relationships with my clients who are born to a parent of a Korean resident in Japan and a Japanese, a so-called "double." As a Korean resident in Japan, 'I' have been thinking about all the strangeness I had felt, including the strangeness to the sense of "the person concerned" which the community of the Korean residents in Japan that I also belong to, premises in the strangeness of the clients' way of talking or the strangeness of the "research of the person concerned." Currently 'I' believe that only by talking, not on the basis of being as an involved person but of "the individual person concerned," I can build a dialogical relationships with my clients, and furthermore, only by continuing the attitude against that of just "writing papers" that may function to open the dialogical channel with the readers.
  • 平 直樹, 慎 栄根, 中村 俊哉, 川本 ひとみ
    日本教育心理学会総会発表論文集
    1995年 37 巻
    発行日: 1995/08/31
    公開日: 2017/03/30
    会議録・要旨集 フリー
  • 金 正根
    民族衛生
    1971年 37 巻 4 号 131-157
    発行日: 1971年
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
     日本に在住する朝鮮人の人口に関する資料は乏しい. 韓国を含めたアジアの多くの開発途上の国々が,その経済開発や社会開発の一環として人口増加率を緩和しようと努力している現在,在日朝鮮人の人口の動向と特にその出生力の変動は,これらの国々における特異な社会環境での人口問題として真の問題がどこにあり,その解決策はなんであるかを示す一つの手掛りを提供するものしとて期待される. このような観点から,在日朝鮮人の人口分析と評価は重大な意義をもつているものと考えられる. 本稿では,在日朝鮮人の人口に関する一連の研究の第一報として,その人口の動向を概説することにした. ここでの在日朝鮮人とは,韓国系の,いわゆる民団系のみならず北朝鮮系をも含めた全在日,朝鮮人人口をさすものである.
  • 小沢 有作
    教育学研究
    1992年 59 巻 3 号 322-324
    発行日: 1992/09/30
    公開日: 2009/01/13
    ジャーナル フリー
feedback
Top