詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "建築物管理"
27件中 1-20の結果を表示しています
  • *大澤 元毅, 金 勲, 阪東 美智子
    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集
    2014年 2014.8 巻 E-33
    発行日: 2014年
    公開日: 2017/11/15
    会議録・要旨集 フリー

    高齢者等が利用する社会福祉施設の管理は

    建築物管理
    に専門知識・経験を有さない施設管理・運営者にゆだねられることが多いと考えられるが、運用状況や室内環境の実態は必ずしも明らかでない。高齢者のための施設における要援護者への配慮の実態をアンケートにより調査し、建築物における換気、加湿の不具合などを洗い出すことにより、感染防止に寄与する対策の提案のための知見整備を行う。

  • 早川 智, 小峯 裕己, 山田 富美夫, 猪岡 達夫
    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集
    2004年 2004.1 巻 D-17
    発行日: 2004/08/20
    公開日: 2017/08/31
    会議録・要旨集 フリー
    This paper reports the results of the statistics analysis for annual energy consumption for each building services in the office buildings. The prediction formulas for the annual energy consumption of the heat source, mechanical power for pumps or fans to carry the heating medium, domestic water supply system, mechanical ventilation fans, plumbing pumps and domestic transport service systems were obtained by the multiple regression analysis. The annual energy consumption for the lighting was estimated according to the installed electric capacity for the lighting, number of the lighting fixtures and the lighting-up time, and the annual energy consumption for the electric power of plug receptacles consumed with OA apparatuses was estimated about 75% of the annual energy consumption for the lighting.
  • 杖先 壽里, 正田 浩三, 垣鍔 直
    日本建築学会環境系論文集
    2021年 86 巻 781 号 327-335
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/03/30
    ジャーナル フリー

     Considering that office fixtures are cleaned everyday using cleaning tools, the present study was designed to provide a standard of hygiene maintenance when the tools are used. The ATP values on the table and tools were measured after the 10 mg contamination source was wiped by the tools. The measurements were repeated for four to seven times. The results showed that ATP values on the table progressively increased with wiping times. Based on the results, possible wiping times and wiping area was estimated for each tool. The tools were dried for 9 to 24 hours after washed by water or detergent. The ATP value, water content of the tools, number of viable bacteria (NVB), and order level were measured during the drying periods. The required drying periods for each tool were then estimated from change in ATP value and NVB with drying time. The tools contaminated by the specific contamination source were washed by water and detergent, and then dried in the room and the phone-box size booth for 9 hours and 24 hours. The ATP value, NVB, odor level, water content (WC) were measured periodically during drying periods. The results showed that ATP value and NVB decreased with decrease in WC in the case of cotton towel and micro-cloth. Drying periods were predicted for towel and micro-cloth.

  • 杖先 壽里, 正田 浩三, 垣鍔 直
    日本建築学会技術報告集
    2020年 26 巻 64 号 1043-1048
    発行日: 2020/10/20
    公開日: 2020/10/20
    ジャーナル フリー

    Quality of janitor service evaluated on beauty of sights in the building is periodically reported to the building owner by a maintenance company. Therefore, standardization of the evaluation methods is required to make the evaluation reliable for the building owners. For this purpose, the present study analyzed 959 reports by inspectors who were accredited by Japan building maintenance association. The results showed that total score on beauty was proportionally correlated with the score of a toilet, and can be estimated from the cleaning floor area in the office building which were built before 25 years ago.

  • 武藤  彰宣
    日本醸造協会誌
    2010年 105 巻 11 号 702-713
    発行日: 2010年
    公開日: 2016/02/04
    ジャーナル フリー
    これまでの研究では清酒醸造に携わる杜氏や熟練者が持つ技術や技能を継承するため,人間の知識工学的手法の一つであるコンピュータを用いたエキスパートシステムがこれまで利用されてきた。しかし技術のみならず技能を知識としてコンピュータ上で表現するためには「技能」の持つあいまい性を評価することが重要で,ファジィ理論を用いることでその目的を達成する可能性を見いだされた。しかし,これらはあくまでコンピュータという装置を使う必要があり,意欲のある万人が簡単に学習するには難解なところがある。今回,筆者はそれらの欠点を補い,技能の伝承と人材育成をより簡便に行うため,酒造りの原点である「ひとづくり」をより円滑に行う。学習方法の構築と酒造りの技術・技能の可視化を目的として,クドバス法による技術・技能分析を実施し,その有効性を検証した。
  • ソウル市の鐘路区・中浪区・江南区を対象として
    金 済國, 中井 検裕
    都市計画論文集
    1997年 32 巻 679-684
    発行日: 1997/10/25
    公開日: 2018/05/01
    ジャーナル オープンアクセス
    The purpose of this paper is to analyze the characteristic of building activities referred to building code in the Development-Restricted Zone (DRZ) in Seoul. Through 3 wards' case studies, four characteristics are found: 1) Lots of illegally built buildings exist in DRZ, and many of those were built before DRZ. 2) Except for dismantling cases, building activities in DRZ in general rarely happen, and the land use in DRZ is stable. 3) Extension and alteration of building has not increased so much the area of houses. 4) In most of these cases, the area of altered houses decreased. These characteristics of building activities in DRZ give a suggestion; only easing the regulation of total floor area to houses in DRZ could not mediate the conflict between landowners and government.
  • 羅 羽哲, 阿部 浩和
    図学研究
    2013年 47 巻 1 号 3-10
    発行日: 2013年
    公開日: 2017/08/01
    ジャーナル フリー
    韓国の大邱市は,朝鮮半島の東南部に位置しており,中心市街地は1737年に邑城を中心に建設された城郭都市で,そこには伝統的な木造家屋(韓屋)や自然発生的に形成された細街路が数多く存在していた.しかしながらそれらは市街化の進展とともに消失し,現在ではそのような街路景観はあまりみられなくなった. 本論は,大邱市の邑城地区の街路パターンの変化を定量的に把握し,都市の位相的深度とそこに立地する建物現況との関連性を評価した結果,1920~2009年において全体的な街路形態の位相的中心は南側に拡散する傾向がみられること,また都市の位相的深度が深い部分と細街路の位置が一致すること,位相的深度と街区における建物現況との関連性については,「Int.V Local」と「RC 率」との間で正の,「住宅率」との間で負の相関があること「Angular MD」と「RC 率」,「利便性」との間で負の「住宅率」との間で正の相関があることなど,街路パターンの形態的特徴などから邑城地区の都市的状況の一端を示した.
  • 金 勲, 林 基哉, 開原 典子, 大澤 元毅, 阪東 美智子
    室内環境
    2015年 18 巻 2 号 77-87
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/12/01
    ジャーナル オープンアクセス
    日本は超高齢社会として世界で最も高齢化が進んでおり,これに伴う高齢者施設の需要が急増している。高齢者は免疫力や感受性,環境調整力が低下するため,適切な室内環境や衛生環境を提供できる体制整備が必要であるが,環境衛生の維持管理・指導の法的根拠がなく,その管理は
    建築物管理
    に専門知識・経験を有さない施設管理者・運営者に委ねられている可能性がある。
    本研究では,高齢者施設の実態と課題を把握し,環境改善及び対策に資することを目的とし,首都圏の高齢者施設を対象に現場設問及び冬期実測調査を行った。
    温度・湿度・二酸化炭素濃度の実態と湿度環境の改善に関する検討を行った結果,温度及びCO2濃度に関しては概ね良好に管理されていたが,湿度については施設側の努力にもかかわらず,全施設において冬期最低基準とされる相対湿度40%を満たせない環境にあることが明らかとなった。また,施設によって換気量にはかなりの差があることがうかがわれた。
    今回調査対象とした施設のなかで建築基準法改正後の施設では換気・空調による外気導入量が多いことに起因することにより,絶対湿度が低かった。測定結果から得られた絶対湿度差及びCO2濃度差の相関と人体からの水分及びCO2発生量による理論的な相関を比べることで,換気量及び加湿の実態を推察できる可能性が示された。
  • 趙 聖民, 朴 重信, 布野 修司
    日本建築学会計画系論文集
    2007年 72 巻 620 号 9-15
    発行日: 2007/10/30
    公開日: 2017/02/25
    ジャーナル フリー
    This paper aims to clarify spatial formation of the previous Japanese residential district and transformation of shop House in shopping district at the front of station in the Samrangjin village of Milyang city (KOREA). Shopping district area was shaped on the parallel line along the railroad. In this research, we clarify formation process and spatial pattern of Shop house in the Samrangjin. As the result of this study, we found that the characteristics of street construction and arrangement of Shop house and transformation of living space by Korean living style. Transformation of living space is caused firstly by appearance of 'ROJI', 'MADANG'. Division of Living space and Shop space are affected by the positional at of 'ROJI', 'MADANG', and linked also with transformation of circulation. In this study we found out the composite formation of Japanese living style and Korean living style.
  • 早川 智, 小峯 裕己
    日本建築学会環境系論文集
    2006年 71 巻 600 号 67-73
    発行日: 2006/02/28
    公開日: 2017/02/17
    ジャーナル フリー
    The results of the statistics analysis for the energy consumption rate in department stores are described. Different from previous studies, the influence factors for the amount of energy consumption such as the building district, the completion year, variation of the refrigeration equipment and heating equipment, the effective HVAC area and rate of energy sources were considered on the analysis for 106 samples. The regression equation for predicted energy consumption rate with dependent variables of the completion year, rate of energy sources, rate of effective HVAC area, and installation of gas-fired-boiler was obtained. 106 samples were grouped into typical 7 classes according to the variables of the completion year, rate of energy sources and rate of effective HVAC area and average energy consumption rate of each group was clarified.
  • 窪田 衞
    繊維製品消費科学
    2012年 53 巻 11 号 870-875
    発行日: 2012/11/20
    公開日: 2017/05/30
    ジャーナル 認証あり
  • 別府 知哉
    福祉のまちづくり研究
    2021年 23 巻 1 号 41-45
    発行日: 2021/06/15
    公開日: 2022/07/27
    ジャーナル フリー
  • 窪田 衞
    繊維製品消費科学
    2012年 53 巻 10 号 766-772
    発行日: 2012/10/20
    公開日: 2017/05/30
    ジャーナル 認証あり
  • - 神戸市営地下鉄をケーススタディとして
    小塚 みすず, 吉田 正樹
    環境情報科学論文集
    2021年 ceis35 巻
    発行日: 2021/11/30
    公開日: 2021/11/29
    会議録・要旨集 フリー

    エスカレーターは利用者を効率よく大量に輸送できる装置として広く普及している。多くの人が利用する乗り物だからこそ,安全で安心して利用できることが求められる。しかし,エスカレーターにおける事故は後を絶たない。そこで本研究では,神戸市営地下鉄を対象に,エスカレーター事故のデータを整理し,事故の要因および状況からその特徴を解析的に明らかにする。分析の結果,飲酒での利用や高齢者は事故発生のリスクが高く,とくに高齢者は救急搬送されるケースが多いことが示された。また,時間帯によって事故要因に特徴がみられることも明らかとなった。

  • 大邱「北城路近代建築物リノベーション事業」を事例に
    鄭 一止
    都市計画論文集
    2016年 51 巻 3 号 1008-1015
    発行日: 2016/10/25
    公開日: 2016/10/25
    ジャーナル オープンアクセス
    1997年、ソウルの旧朝鮮総督府が撤去されたことは記憶に新しい。象徴的な植民地遺産を壊すことで「歴史の清算」が試みられた(白、2012)。この事件以来、近代建築に対する保全の声は徐々に大きくなり、ソウル駅の保存・活用や旧大法院のリノベーション・活用など近代建築を積極的に地域空間資源として活用する事例が増えてきた。しかし、日式建築の専門家の不足、植民地遺産の保全に対する一部市民の反対の声など、韓国ならではの状況の中、単発事業に留まっている。また、「無国籍性」とも言われる韓国のハイブリッドな近代都市景観の重層性について考慮した観点も欠けている。そこで本稿では建築設計をはじめ、建築史、生活史の専門家たちによって構成された専門家チームによりまちづくりの支援と審査を行っている大邱市「北城路近代建築物リノベーション事業」を対象に韓国の近代都市景観の再生手法について考察を行う。事業の背景と特徴について概観した後、事業の各段階における協議内容とその論点について分析する。最後に、近代都市景観の再生手法について考察を行う。
  • 都市再生局の取り組みを通して
    岡 絵理子, 藤井 崇史, 鳴海 邦碩
    都市計画論文集
    2008年 43.3 巻 379-384
    発行日: 2008/10/25
    公開日: 2017/01/01
    ジャーナル オープンアクセス
    日本をはじめアジア諸都市では、高層集合住宅の建設が急速に進んでいるが、その一方で、老朽化した中高層集合住宅のもたらす問題も大きい。そこで本研究では、住民の99%が集合住宅に住んでいる香港で、都市再生局が都市再生の一つの手法として用いている建物再生事業に注目し、その手法を理解した上で都市再生における効果を検証した。観察調査やヒアリング調査の結果、香港での集合住宅再生事業は、抜本的方策ではないが、地域の持続性、住宅市場の活性化、事業そのものの波及効果、地域を活気づける効果が期待でき、わが国の地区再生に対しても示唆する点があることが明らかとなった。
  • 韓国ソウル市・仁寺洞地区を中心に
    郭 東潤, 北原 理雄
    都市計画論文集
    2002年 37 巻 1123-1128
    発行日: 2002/10/25
    公開日: 2017/11/07
    ジャーナル オープンアクセス
    韓国では、1970~80年代に経済発展を基盤とした都市政策によって良好な歴史的景観が失われた。1990年代後半から、経済優先の都市政策で生じた都市問題への対抗策として市民運動による「住民主体の環境づくり」が進められつつある。本研究は、仁寺洞地区の歴史的環境保存をめぐる住民運動の展開過程及びその特徴、さらに住民と市民団体、行政間の関係(パートナーシップ)を明らかにする。こうした事例研究から歴史的環境づくりにおいての住民参加のあり方と、参加においての改善方案を探ることが本研究の目的である。
  • 郭 東潤
    日本建築学会技術報告集
    2009年 15 巻 29 号 285-288
    発行日: 2009/02/20
    公開日: 2009/04/08
    ジャーナル フリー
    Since 1990s, Maul-Mandulgi has been carried out for living environment improvement and community regeneration in Korea. Maul-Mandulgi is a new type of community activity of which theme is developing community environment together with citizen's organizations or community experts as well as local people. The purpose of this paper is to analyze active development factor and tasks of Maul-Mandulgi at three business area in Korea. The following results were obtained: The main active development factors are regeneration of public space or street place, and revitalization of business area. There are two types of development process; local people proposal type and public works cooperation type. However, this process remains second question; participation system and activity supporting system.
  • -景観協定における太陽光発電設備の取り扱いを通して ―
    児玉 敬武
    環境情報科学論文集
    2022年 ceis36 巻
    発行日: 2022/11/30
    公開日: 2022/12/05
    会議録・要旨集 フリー

    「太陽光パネル設置が実質ゼロ円」という戸建住宅のビジネスモデルの発表があった。そこには,太陽光パネルが市民に容認されてきている社会的背景がある。本稿の目的は,屋根上の太陽光パネルは景観上問題ないという認識を景観法による景観協定を通して,検証することである。それは居住地区の景観に配慮を払う制度だからである。客観的な数値を把握するために,太陽光パネルの比較対象として,テレビアンテナを用いた。景観協定に規定された太陽光パネルの取り扱いに関して検証することで,住宅地域によっては,景観配慮を行う必要性を明らかにした。

  • 朴 重信, 布野 修司
    日本建築学会計画系論文集
    2004年 69 巻 577 号 105-110
    発行日: 2004/03/30
    公開日: 2017/02/09
    ジャーナル フリー
    This paper aims to clarify the formation process of migrant fishing village of Japanese during their colonization of Korea. Research reveals the background and formation of Japanese migratory process in order to illustrate their fishing village forms and spatial pattern by raising Geomun-do Island as a case study. In this research, we clarify formation process and spatial pattern of its village. Clarifying of functional development process of the village is also another objective of this research. It appears that coastline and its roads, wells and location of progenitor's settlement plays a vital role in form and spatial structure of the village. Road system of the village was constituted from roads running parallel with coastline and small alleys stretching perpendicularly to them providing trapezoid shape of lands. As places for housework or community gathering places, two wells adjacent to the progenitor's premises play a significant part as cores of housing development of the village. Though this seashore village is tiny in scale, fishing, trade and pastime activities provide a multi-facet function to the village as other modern cities.
feedback
Top