詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "文明堂"
33件中 1-20の結果を表示しています
  • 神奈川県立国際言語文化アカデミア紀要
    2017年 6 巻 i-
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/04/17
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
  • 日比 嘉高
    日本文学
    2013年 62 巻 1 号 44-56
    発行日: 2013/01/10
    公開日: 2018/01/31
    ジャーナル フリー

    この論文では、戦前の外地における日本語のリテラシーを、第二次大戦前に外地へ出店した書店の分析をつうじて考察する。具体的には、外地書店の同業者組織である外地の書籍雑誌商組合の歴史、そして外地書店が生まれ育つ際の典型的道筋の素描という二つの課題から外地書店の歴史に迫った。地域を横断して俯瞰的に展開を描出すると同時に、文化的な〈接触領域〉として、外地書店という空間を考えた。

  • 木内 英実
    印度學佛教學研究
    2008年 56 巻 2 号 1024-1021
    発行日: 2008/03/20
    公開日: 2017/09/01
    ジャーナル フリー
  • 遠藤 智夫
    英学史研究
    2003年 2004 巻 36 号 101-116
    発行日: 2003年
    公開日: 2009/09/16
    ジャーナル フリー
    In Makino Library (on the grounds of Kochi Prefecture's Makino Botanical Garden), the writer made a close examination of a first-edition copy of A Pocket Dictionary of the English and Japanese Language (sic) . The copy of that rare book is one of only seventeen still in existence, out of the two hundred copies printed in the Edo era in 1862. Dr. Tomitaro Makino, a worldfamous botanist, possessed a first edition of the Dictionary, and also had six copies of the Dictionary. Why did he have so many copies of the Dictionary and how did he use them in his study of botany?
    In the preface for the second edition of theDictionary, the composer HORIKOSI KAMENOSKAY (sic) said that the first edition contained a number of errors regarding the Japanese and Chinese names of Plants, Animals and Minerals that needed to be corrected and that he had done so with the kind assistance of his learned friends YANAGAWA SUNSAM (sic), TANAKA YOSIWO (sic) & others.
    When Dr. Makino was a young man, he visited Dr. Yoshio Tanaka, a noted naturalist, and Dr. Tanaka remained one of Dr. Makino's most important mentors throughout his life. No doubt Dr. Makino frequently consulted the second edition of the Dictionary to help him choose the exact equivalent in Japanese terms when he was writing An Illustrated Flora of Japan.
    This report is based on the paper read by the writer at the regular monthly meeting on November 2, 2002.
  • 大亦 正次郎, 上野 照雄, 中川 泰
    日本農芸化学会誌
    1955年 29 巻 4 号 256-260
    発行日: 1955年
    公開日: 2008/11/21
    ジャーナル フリー
    醤油色素をカラム並にペーパー・クロマトグラフィに依り分離し2成分より成ることを示し,この色素成分の釀造,貯蔵中の消長並に生成反応に就て実験を行い以下の結果を得た.
    1. 醤油色素はF(I), F(II)の2成分より成り,その割合はF(I)が大部台でF(I)は酸性, F(II)は塩基性色素と考えられる.
    2. 仕込,貯蔵共に時間の延長と共に着色は増大し, F(I), F(II)も増大するも,その割合はF(I)の方が遙かに大で,このことよりF(II)の生成に酸化作用の関与が考えられる.
    3. F(L)の構成成分は通常のアミノ酸と糖類であるが, F(II)の構成成分はロイシンとキシロースとが考えられ,アミノ酸と糖の反応性はペントース及びリジンが最大である.
  • 村上 東俊
    印度學佛教學研究
    2016年 65 巻 1 号 288-283
    発行日: 2016/12/20
    公開日: 2017/10/17
    ジャーナル フリー

    The UNESCO/JFIT project, “Strengthening the Conservation and Management of Lumbini, the Birthplace of the Lord Buddha, Phase 2,” focused on investigation of Tilaurakot, has been ongoing since 2014. An International excavation team of experts is co-directed by Professor Robin Coningham of Durham University and Former Director General Kosh Prasad Acharya of the Department of Archaeology, and the project is comprised of members from Durham University, the Lumbini Development Trust, the Department of Archaeology, the National Geographic, and others. The project is focusing on the morphological and chronological definition of Tilaurakot.

    The purpose of this paper is to report the archaeological results form Lumbini (2010–2013) and describe in outline the current archaeological survey of Tilaurakot (2014–2017).

  • 川並 秀雄
    英学史研究
    1970年 1970 巻 2 号 66-70
    発行日: 1970/09/30
    公開日: 2009/09/16
    ジャーナル フリー
  • 平川 兼寛, 坂部 信, 小出 欽一郎, 高橋 栄一, 保谷 順子, 里見 弘治, 横山 理雄, 荻島 太一, 市川 栄一
    食品と微生物
    1984年 1 巻 1 号 62-80
    発行日: 1984/06/20
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
  • 春近 敬
    現代と親鸞
    2010年 21 巻 2-16
    発行日: 2010年
    公開日: 2018/10/31
    研究報告書・技術報告書 フリー
  • 東城 功
    日本蚕糸学雑誌
    1979年 48 巻 1 号 65-70
    発行日: 1979/02/28
    公開日: 2010/07/01
    ジャーナル フリー
    クワ品種「一ノ瀬」の代出苗の中から黄葉の自然突然変異体がみいだされた。
    この突然変異は形態, 発芽, 性その他の形質は全く一ノ瀬と同様で, 葉色のみが異なった。そして葉色は季節によって異なり, 春期および秋期の比較的低温のときは黄色度が強く, 夏期の高温時は弱かった。また, この黄色形質はF1に遺伝することが判明した。
  • 齋藤 哲夫
    関西病虫害研究会報
    1998年 40 巻 7-12
    発行日: 1998/05/01
    公開日: 2012/10/29
    ジャーナル フリー
  • 青原 令知
    印度學佛教學研究
    2017年 65 巻 2 号 848-841
    発行日: 2017/03/20
    公開日: 2018/01/16
    ジャーナル フリー

    Nearly 90 years ago, Katō Seishin 加藤精神, the Buddhist scholar, pointed out that many Japanese scholars had some misunderstandings about avijñapti or non-expression, one of the distinguishing doctrines of the Sarvāstivāda. The opinion he claimed as a misunderstanding is that “the avijñapti plays a karmic role as a medium force between cause and its future result,” while he suggested the correct interpretation to be “a continuous function to restrain good and evil karma, abandoned in death at the latest.” This suggestion caused some controversies at the time, but afterward many Japanese researchers re-examined and approved his view as correct in its conclusion.

    In this paper, we elucidate the reason why those misunderstandings took place, considering the background of research in Japan. In Japanese traditional studies of the Abhidharmakośa, scholars handed down an explanation about avijñapti equal to Katō’s interpretation, and we cannot find any misunderstandings in the descriptions conforming to the tradition in those days. We find the misunderstandings mainly in many untraditional representations from the standpoint of the theory of the bīja or the function of seeds, identifying the avijñapti with the bīja of the Vijñānavāda or Sautrāntika. However, in the Abhidharmakośa, Vasubandhu actually rejects the avijñapti adopting the bīja theory, but he does not deal with the avijñapti as a substitute for the bīja, which is obviously confirmed from the context.

    Many Buddhist scholars in Japan used to make light of the Sarvāstivāda doctrine labelling Hīnayāna from the stance of Mahāyāna Buddhism. Such prejudiced approaches prevented them from a rational critique of the Abhidharma texts.

  • 大亦 正次郎
    日本釀造協會雜誌
    1966年 61 巻 11 号 980-984
    発行日: 1966年
    公開日: 2011/11/04
    ジャーナル フリー
  • 柳沢 幸江, 田村 厚子, 寺元 芳子
    日本家政学会誌
    1989年 40 巻 11 号 1011-1016
    発行日: 1989/11/05
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
    実際の咀嚼筋活動量とよく対応するテクスチャーの測定方法, および唾液の影響を検討し以下の結果を得た.
    1) 筋電図によって求めた咀嚼筋活動量は, 食物がおもな決定要因であった.
    2) log (かたさ×凝集性×ひずみ×10) は咀嚼筋活動量ときわめて高い相関を示した.これをテクスチャーパラメータの一つと考え「かみこたえ」とした.
    3) かたさの測定は直径13mm円柱プランジャーよりもV型プランジャーのほうが咀嚼筋活動量との対応がよかった.またV型プランジャーによるかたさは咀嚼初期 (5ストローク) の最大振幅量と高い相関が認められた.
    4) 唾液の浸漬により物性に変化の認められる食物は, でんぷん質で付着性のあるものと, 吸水性の高いスポンジ状の食物であった.これらの食物は咀嚼筋活動量と対応させるには, 唾液浸漬後の物性値を用いることが望ましい.
  • 柳沢 幸江, 村田 安代, 寺元 芳子
    家政学雑誌
    1986年 37 巻 12 号 1021-1027
    発行日: 1986/12/20
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
    咀嚼活動において, 食品を切断・破砕するさいに必要と感じられる, 力の大きさに対応する食品物性の測定を, テクスチュロメーターを用いて検討した.本報では, クリアランスを種々設定し, クリアランスの変動に伴うテクスチャープロフィールおよびパラメータの変化傾向を調べた.そしてテクスチュロメーター測定値と官能検査結果を比較することにより次の結果を得た.
    1) クリアランスの変動に伴う食品の圧縮・破砕状態から, 食品を破砕性と非破砕性とに分類した.破砕性食品は, 破砕点以降はクリアランスを小さくしてもかたさ測定値は変化しなかった.
    2) クリアランスの変動に伴うテクスチャープロフィールの変化に, プランジャーによる圧縮過多と判断することのできる変化点, すなわち第1咀嚼における2次ピークの出現, および負のピークの鋭角化がみられた.これを, クリアランス適正値の判断基準とした.
    3) クリアランスの変動に伴う凝集性の変化に, 変曲点がみられた.この変曲点を, 付着性のない非破砕性食品のクリアラソス適正値の判断基準とした.
    4) 異種食品を対象とする場合, 同一クリアランス (2.0mm) で測定したかたさは, 胆瞬時に食品を切断。破砕するさいに感じられる力の大きさとは対応しにくい.
    5) 食品ごとに圧縮・破砕状態に応じたクリアラソスを設定することは, 異種食品間での比較を可能とし, 得られる測定値は口腔内で食品を切断・破砕するのに必要な力の大きさに対応するものと思われる.
  • 馬木 知子
    都市計画論文集
    2003年 38.3 巻 745-750
    発行日: 2003/10/25
    公開日: 2017/10/01
    ジャーナル オープンアクセス
    明治維新後の東京では、近代国家の首都としての体裁を整えるべく、都市建設が進められた。江戸とは異なる欧米に倣った都市の姿を実現しようとするなかで、都市の美しさ、近代都市の美観、という新しい都市の見かたが生まれたと考えられる。 近世以来、商業や交通の中心地であった日本橋は、明治 6年、洋風の木橋となり、開化の象徴の役割を果たした。以後、鉄道馬車や電車の開通など近代化の中心でありつづけ、たび重なる修繕を経て、明治 44年、現在まで残る石造アーチ橋への架換に至った。本研究は、首都の近代化を象徴する構造物の一つである日本橋の修繕・改架の経緯を通して、首都の近代化のなかでの美観の意味の変遷を明らかにしようとするものであり、以下の結論を得た。 (1)近代橋梁における美観は、明治初期に目を惹く「みもの」として発見され、当初は多分に堅牢の意味を含み、後に装飾を施すことを意味するようになった。明治前半の日本橋の改架案も、堅牢な「みもの」を求めるものであり、近代化を強く意識していた。 (2)20年代までは橋梁自体が美観の対象であったが、30年代半ばには、周囲との関係における美観が発見された。日本橋は他橋梁に比して近代橋梁への改架が遅れたが、美観のために建築家と土木家が共同設計をするという方法を示し、近代都市の美観のエポックを築いた。 (3)明治 40年の設計案では、周囲の景物との関係において意匠を考案する、調和という美観のありかたが示されたが、44年時点の日本橋附近は、調和の実現は困難な状況であった。これに対し、区域の美観を計画的に設計する必要が指摘されたこと、理想像としての美観を建築家らが共有した可能性があることから、地域の美観を包括的・計画的なコントロールへの関心が高まっていたことが推察できる。 (4)日本橋の修繕・改架の経緯を整理する中で、明治 35年と明治 40年の設計案の形態上の類似を確認したが、一方で美観の意味という観点からみると、両者は異なる発想に基づく設計であると考えられる。
  • 曽 一鳴
    岡山医学会雑誌
    1988年 100 巻 1-2 号 119-133
    発行日: 1988年
    公開日: 2009/03/30
    ジャーナル フリー
    The distribution of zinc and postnatal development of the rat amygdala were investigated by light and electron microscopy with Timm's sulphide silver method.
    By Timm's reaction and toluidine blue staining, the rat amygdala could be divided into cortical (CO), lateral (L), basolateral (ABL), basomedial (ABM), central (C), medial (M) and intercated (I) nuclear regions. CO was the most strongly positive to Timm's reaction, L, ABM and C were strongly positive, ABL was also positive, and I and M were weakly positive. In newborns, no positive Timm's reaction could be observed, but a very weakly positive reaction was observed from the 5th postnatal day. The reaction became stronger with development, and reached the strength of that of the adult on the 30th postnatal day.
    Electron microscopically, the deposits of silver grains were only located in the nerve fiber endings containing many small clear vesicles. This finding is quite similar to that described in the mossy fiber endings in the hippocampal formation. Deposits of silver grains could not be found in newborns, and only very few could be observed after the 5th postnatal day. The number of deposits increased with age, and reached that of the adult from the 20th to the 30th postnatal days.
    It was elucidated that a significant increase in the number of silver grains per square 10-8 centimeter of Timm's positive nerve fiber endings occurred between the 10th and 20th postnatal days.
    These findings suggest that zinc exists in the nerve fiber endings in the rat amygdala and the amount of zinc increases with age. Zinc may play an important role in synaptic transmission.
  • 高橋 徹
    マス・コミュニケーション研究
    2003年 63 巻 54-71
    発行日: 2003/07/31
    公開日: 2017/10/06
    ジャーナル フリー
  • 石川 巧
    日本文学
    2014年 63 巻 1 号 61-72
    発行日: 2014/01/10
    公開日: 2019/01/26
    ジャーナル フリー

    本稿は、日本の高等教育機関において近代文学という学問が正式に承認され、汎用性のある教科書が編まれるようになったのはいつ頃からか? という問いを立てることから出発し、明治・大正期から昭和戦前期に至る教科書の変遷を追跡したものである。特に、大学講義用教科書の定義を明確にし、詳細な文献調査にもとづいてその起源を明らかにすることに力を注ぐとともに、それぞれの教科書がどのような目的と方法をもって学生の文学的リテラシーを涵養しようとしたかを考察している。

  • 三浦 正雄
    山陽学園短期大学紀要
    2003年 34 巻 61-75
    発行日: 2003年
    公開日: 2018/11/28
    ジャーナル オープンアクセス
feedback
Top