詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "樹幹"
8,172件中 1-20の結果を表示しています
  • 酒井 正治
    環境技術
    1997年 26 巻 10 号 663-667
    発行日: 1997/10/30
    公開日: 2010/03/18
    ジャーナル フリー
  • 藤澤 義武
    森林遺伝育種
    2016年 5 巻 2 号 88-94
    発行日: 2016/04/25
    公開日: 2020/04/22
    ジャーナル フリー
  • 鈴木 太七
    FORMATH
    2005年 4 巻 1-24
    発行日: 2005年
    公開日: 2020/06/25
    ジャーナル フリー

    樹幹
    の根元の円盤の中心を原点とする。原点から垂直に高さzまで、さらにそこから水平に半径rの
    樹幹
    表面までとった直線を、S-S折線と名付ける。S-S折線上の2点間の隔たりを、
    樹幹
    がその区間を生長するに要する時間で距離づけることにすると、
    樹幹
    表面のすべての点は、原点から等距離にある。その意味で、
    樹幹
    表面は擬似球Qである。年齢tの擬似球の方程式は

    と書かれる。ここでH, R(z) は、それぞれ樹高と高さzでの半径生長の極限、または、それぞれ樹高と半径rの生長関数の逆関数である。
    樹幹
    Qの一種の特性関数uを3変数t, z, r の関数として

    で定義して、
    樹幹
    のHeaviside 関数と名付けると、uは線形同次一階の偏微分方程式

    の“弱い解”となり、
    樹幹
    表面はその特性曲面となる。言い換えれば、解u = 1は
    樹幹
    表面で不連続に、u=0に飛躍する。したがって、
    樹幹
    表面は、
    樹幹
    生長に対して一種の波面前線と見做すことができる。

  • 小林 正秀, 野崎 愛
    森林応用研究
    2003年 12 巻 2 号 143-149
    発行日: 2003/09/29
    公開日: 2018/01/16
    ジャーナル フリー
    ミズナラ被害枯死木から丸太を採取し,カシノナガキクイムシ穿入孔数と丸太からの成虫脱出数を丸太を採取した地上高別に調査した。穿入孔は
    樹幹
    下部ほど多いが,地上高10m以上の部位にも存在することが判った。また,辺材部材積当たりや穿入孔当たりの成虫脱出数は
    樹幹
    上部ほど多く,地上高2m未満の
    樹幹
    部からの成虫脱出数が全体の3割に満たない木があった。
    樹幹上部ほど樹幹
    直径は小さいが,繁殖場所である辺材部の幅は
    樹幹
    上部と下部とで差がなかった。このため,穿入密度が低い
    樹幹
    上部では,繁殖場所をめぐる種内競争が低下して,穿入孔当たりの成虫脱出数が多くなったと推察された。
  • 中川 茂子
    樹木医学研究
    2001年 5 巻 1 号 13-20
    発行日: 2001/03/31
    公開日: 2021/02/27
    ジャーナル フリー
  • *川崎 達郎, 千葉 幸弘, 韓 慶民, 荒木 荒木, 中野 隆志
    日本生態学会大会講演要旨集
    2004年 ESJ51 巻 P1-020
    発行日: 2004年
    公開日: 2004/07/30
    会議録・要旨集 フリー
    われわれは大気フラックスモニタリング中のアカマツ林で、生産機構モデル構築を目的に林木個体の炭素固定能力を中心した物質の循環を測定してきた。非同化部の
    樹幹については高さ毎の樹幹
    の直径成長を追跡するとともに、二酸化炭素ガスの発生源として、
    樹幹
    温度の変化にともなう、季節毎の樹皮呼吸の日変化を測定してきた。
    樹幹
    内部を上方に流れる蒸散流は、
    樹幹
    中の細胞の呼吸により発生した二酸化炭素を上方に持ち去り、
    樹幹
    表面で観察される樹皮呼吸の値を変動させる可能性がある。また
    樹幹
    の直径成長は形成層の肥大成長だけでなく、
    樹幹
    木部内の含水量変化の影響を受ける可能性がある。これら変動の検討も目的に、蒸散流速の季節変化を調査した。
    調査は山梨県環境科学研究所敷地内、富士山北麓の溶岩原に成立したアカマツ純林で行った。測定対象は胸高直径19.8cmの二股と胸高直径18.7cmの2個体である。先述した直径成長と樹皮呼吸の定期的な測定を行っている。2002年夏より両個体の地上高4 mと12mの
    樹幹
    計5箇所で熱収支法による
    樹幹
    内蒸散流速の測定を開始した。測定機材は米Dynamax 社製 TDPセンサー(プローブ長3cm)を用い、延べ20ヶ月の連続測定を行った。
    TDP測定値は早春に大きく夏から秋にかけて低かった。土壌層が未風化の溶岩原のため極め少なく、むしろ冬季の積雪下で土壌水分が豊富であったためと考えられた。雪からの土壌水分供給は、冬季の温暖な日に観察される若干の光合成、樹皮呼吸、直径成長、春先の成長開始の急速な立ち上がりにも寄与していると考えられた。
  • ―樹木内外雨の成分組成と年間降下量―
    加藤 善徳
    環境技術
    1996年 25 巻 10 号 612-617
    発行日: 1996/10/30
    公開日: 2010/03/18
    ジャーナル フリー
    1991年5月~1992年4月の1年間, 横浜市磯子で, ヒノキを対象樹木として, 一降水毎,
    樹幹
    流, 林内雨, 林外雨の調査を行った.
    その結果, 都市域の樹木はNO3-, SO42-等で非常に汚染されており, 年平均濃度でみると,
    樹幹
    流/林外雨比は, NO3-が28倍, SO42-が21倍, 林内雨/林外雨比は, NO3-が10倍, SO42-が6倍であった.また, これを年間降下量でみると, 林地/林外の比はNO3-が7倍, SO42-が4倍であった.
    この汚染の原因について, SO2, NO2, SPM, Oxのデータを用いて検討した結果, 春, 夏のNO3-, SO42-の汚染は主に光化学反応により二次生成されたHNO3ガスやH2SO4ミストに起因しているものと推測された.
  • 嶋田 純, 大角 京子, 大場 和彦, 丸山 篤志
    土壌の物理性
    2008年 108 巻 19-28
    発行日: 2008年
    公開日: 2021/09/11
    ジャーナル フリー
    森林内では林内雨に比べて量的に少ない
    樹幹
    流は多くの場合無視され,同じ森林域内でも
    樹幹
    周辺は樹冠(キャノピー)投影域外側よりも地表面に達する降水量は少ないため,木の下は相対的に乾燥していて地下水に対する涵養効果は低いものと考えられてきた。本研究では,同一断面側線上の土壌水分量変化を非破壊で繰り返し測定することの出来る比抵抗探査法を利用し,落葉広葉樹のクヌギ林がある台地上の試験林において
    樹幹
    流が浅層土壌水分分布に及ぼす影響を評価し,地下水涵養に対する効果の把握を試みた。測定結果に基づき
    樹幹直下林床領域と樹幹
    の存在していない林床領域の土壌水分スラックスを比較した結果,
    樹幹
    直下林床領域は年間を通して下向きのフラックスが存在しており,相対的に湿潤な環境にあったが,
    樹幹
    の存在していない林床領域では相対的に蒸発過多で下向き土壌水分降下は殆ど期待できないことが示された。比抵抗継続測定結果をもとに
    樹幹流浸透領域を定義して地下水涵養における樹幹
    流浸透効果を評価した結果,対象領域に占める
    樹幹
    の割合は面積的にはわずか1%程度にすぎないが,
    樹幹
    を経由した降水が領域全体の涵養量に占める割合は40%にもなり,高い涵養効果があることが示された。
  • 佐藤 一男, 高橋 章
    環境科学会誌
    1996年 9 巻 2 号 221-230
    発行日: 1996/05/31
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー

    神奈川県伊勢原市のスギ人工林において,1994年4月~1995年3月の1年間にわたりスギの
    樹幹
    流・樹冠雨,林外雨の化学性を測定した。また,スギの
    樹幹
    から下流方向に幅150cm,深さ90cmの土壌断面を作成し,土壌試料のpH(H2O),ANC,交換性A1量の2次元分布を調べた。
    樹幹
    流,樹冠雨,林外雨の年平均pHはそれぞれ3.11,4.41,4.56であり,
    樹幹
    流は強酸性を呈した。樹冠下の土壌pHは5.8~6.4の比較的高い値であったが,
    樹幹
    の近傍だけは著しく低く,最低pHは4.05であった。
    樹幹
    から120cm離れた樹冠外の土壌pHは,樹冠下よりも0.2~0.5程度低かった。土壌pHの低下は,交換性塩基量の減少および交換性A1量の増加とほぼ対応していた。林床における単位面積当たりのH+沈着量は,
    樹幹
    流>>林外雨>樹冠雨の順であったことから,
    樹幹
    近傍土壌のpH低下は強酸性の
    樹幹
    流の影響,樹冠外でのpH低下は林外雨の影響と推察された。
    林床における化学成分の物質収支モデルを用いて,林床にもたらされたH+の起源(湿性沈着,乾性沈着,樹体からの溶脱)を推定した。その結果,樹冠ではH+が消費されているが,
    樹幹
    ではH+が溶脱していることがわかった。しかしながら,溶脱H+のみでは
    樹幹
    流の強酸性は説明がつかず,水分蒸発による
    樹幹
    流の濃縮,および
    樹幹
    への酸性物質の乾性沈着が重複した結果であると考えられた。
  • 樹木活力測定器の開発
    小澤 徹三, 小林 達明
    土木学会論文集
    1999年 1999 巻 622 号 81-86
    発行日: 1999/05/20
    公開日: 2010/08/24
    ジャーナル フリー
    光合成・蒸散活動に伴い
    樹幹
    を流れる樹液は, 根系により集められ根株に集中してから根際を経て
    樹幹
    を通過し枝葉に至り, 利用される. その際, 樹液は
    樹幹
    外部の温熱環境からの影響を受け温度が変化する. 成育良好な樹木は蒸散が盛んで樹液流量が多く樹冠も大きいため温熱環境からの影響が小さく. 成育不良な樹木はその反対となる. そこで, 科学技術庁の活力度評価手法と樹液流の温度変化率との関連を検討したところ相関が認められ, 物理的な数値による客観的な樹木健全度判定の可能性が認められた.
  • 片山 幸士, 岸田 多代
    環境技術
    1996年 25 巻 10 号 589-592
    発行日: 1996/10/30
    公開日: 2010/03/18
    ジャーナル フリー
  • 山口 正俊, 廣木 義久, 八木下 晃司, 牧野 泰彦
    堆積学研究会報
    1991年 34 巻 34 号 65-69
    発行日: 1991/05/01
    公開日: 2010/05/27
    ジャーナル フリー
  • *宮澤 隆則, 角張 順一, 田中 正
    水文・水資源学会研究発表会要旨集
    2007年 20 巻 64
    発行日: 2007年
    公開日: 2008/04/03
    会議録・要旨集 フリー
    樹種の違いが
    樹幹
    流の無機水質成分に及ぼす影響を明らかにするために、筑波大学陸域環境研究センターに隣接するアカマツ林に植生する、生きているアカマツ、枯死したアカマツ、シラカシの3樹種を選んだ。 林外雨と
    樹幹
    流の溶存成分(Na+、K+、Mg2+ 、Ca2+、Cl-、NO3-、SO42-)を比較することにより、降雨はcanopyや
    樹幹
    表面に付着している乾性沈着物を洗脱し、
    樹幹を伝うときに樹木から溶脱がおこることにより樹幹
    流のイオン濃度が増加することがわかった。 枯死アカマツの
    樹幹
    流成分のK+、Mg2+ 、Ca2+は樹木からの溶脱によって増加し、枯死アカマツのK+は一年を通して高い値を示していた。一方で、生きているアカマツのNa+は樹木の生長期に溶脱の影響があることを示していた。
  • 山本 由徳, 吉田 徹志, 後藤 雄佐, Foh Shoon JONG, Laiberi Biut HILARY
    熱帯農業
    2003年 47 巻 2 号 124-131
    発行日: 2003/06/01
    公開日: 2010/03/19
    ジャーナル フリー
    サゴヤシ髄部におけるデンプンの蓄積経過を明らかにするために, マレーシア・サラワク州ムカのサゴヤシ栽培農家園において, 樹齢 (推定, サッカー植え付け後あるいは発生後の年数) を異にするサゴヤシ樹の
    樹幹
    の長軸および横断面の放射方向に沿って髄部のデンプンと全糖含有量を測定した.
    髄部へのデンプン蓄積の急増開始期は, 土壌の種類によって異なり, 鉱質土壌の園 (SG) で生育するサゴヤシの方が浅い泥炭質土壌の園 (HG) で生育するサゴヤシよりも早かった.HGでは6~10年生樹, SGでは4~8年生樹が相当したデンプン急増期にあったHGの8年生樹とSGの6年生樹のデンプン含有率は, 長軸方向には基部で高く, 頂部に向かって低い, また放射方向には中心部で高く, 周辺部に向かって低い, という顕著な濃度勾配が見られた.しかし, HGの10年生樹, SGの8年生樹では,
    樹幹
    の長軸および放射方向ともに髄部のデンプン含有率が約70%とほぼ最大値に達し, 髄部の位置によるデンプン含有率の差は小さくなった.
    樹幹
    髄部の全糖含有率は, デンプン含有率と対照的な変化を示し, 幹立ち直後には30~40%と著しく高かったが, デンプン急増期には急激に減少し, デンプン含有率が最大値に達した時期には髄部の位置にかかわらず2~4%程度となった.しかし, 結実期には全糖含有率が増加する傾向が見られた.
    これらより, サゴヤシ髄部のデンプン蓄積は, 幹立ち直後~2年目頃から
    樹幹基部の中心部から樹幹
    頂部の周辺部に向けてデンプンが急激に蓄積され, 蓄積開始後約4年で髄部のデンプン含有率はほぼ最大値に達し, その後は開花期頃まではほぼ最大値に近い値で経過し, 結実期には減少に転じるものと考えられた.
  • Yea Sun Young, 垣原 登志子, 井上 章二, Kun Woo Chun, 江崎 次夫
    Journal of Rainwater Catchment Systems
    2004年 10 巻 1 号 37-42
    発行日: 2004年
    公開日: 2016/09/13
    ジャーナル フリー
    To analysis the absorbing function of forest in the single pinus forest, we measured the concentration of pH, EC cation and anion about the collected rainfall, stemflow, throughfall, soil solution and streamwater. We also described a mechanisms and process that affect the rain water which flows into the soil, when it reaches forest area through the bodies of trees. The pH of stemflow (6.33) was figured out the lowest value, as pH of throughfall (5.83), also lower compared with that of rainfall (6.03). The EC of stemflow (110μ S/cm) and throughfall (63μ S/cm) showed a higher value, compared with that of rainfall (37μ S/cm). Density of Ca^<2+> showed the highest values among the cation and the results showed that Ca^<2+> concentration of stemflow and throughfall were affected by Ca^<2+> concentration of rainwater. Generally, concentration of anion was higher than that of cation, showing high values in the throughfall and soil solution.
  • ―ヒノキ人工林の場合―
    竹中 千里, 恩田 裕一
    環境技術
    1997年 26 巻 10 号 642-646
    発行日: 1997/10/30
    公開日: 2010/03/18
    ジャーナル フリー
  • 幸喜 善福, 仲間 勇栄, 仲田 栄二, 江崎 次夫
    Journal of Rainwater Catchment Systems
    1998年 4 巻 1 号 11-15
    発行日: 1998年
    公開日: 2018/03/16
    ジャーナル フリー
    Annually, the salt content (Electric conductivity ; EC) of the stem flow water, the crown drip water, and the rain water show two peaks in Okinawa ; one is in September, the typhoon season in summer, and the other is in November, the monsoon season in winter. The highest values of EC of the stem flow water and the crown drip water are those for the trees grown along the seaside. Especially in the typhoon season EC becomes markedly high. In general EC of the stem flow water is about1.38 times higher than that of the crown drip water. EC of the stem flow water is about 9.00 times higher than that of the rain water, and that of the crown drip water is about 5.70 times greater than that of the rain water.
  • 高瀬 巌, 小山 寛史, 藤下 章男
    Journal of Pesticide Science
    1982年 7 巻 4 号 473-480
    発行日: 1982/11/20
    公開日: 2010/08/05
    ジャーナル フリー
    mesulfenfos の
    樹幹
    注入または disulfoton の土壌混和の単木処理によるマツノザイセンチュウの防除効果と施用方法や時期別による樹体内の吸収・移行および分布との関係を検討して, つぎの結果を得た.
    (1) mesulfenfos を
    樹幹
    注入または disulfoton を土壌混和処理すると, 薬剤は松の樹体内に吸収移行して優れた枯損防止効果を示した. マツノザイセンチュウの防除効果と薬剤の吸収量との間には相関性が認められた.
    (2) mesulfenfos を
    樹幹
    注入すると, 注入点から上方1mでは, 注入部位にのみ薬剤は検出されたが, 高さ5~7mでは樹体内に均等に分布していた. そして, 木部の中心部より薬剤はおもに検出されたことから,
    樹幹
    に直接注入すれば, 蒸散流に乗って上昇, 移動する垂直移行分布が認められた.
    (3) 11月から3月に薬剤を
    樹幹
    注入または土壌処理したとき, 6月の分析時に土壌処理でやや吸収量の差はあったが, 9~12月の樹体内の吸収量は変わらず, いずれの処理時期でも効果が認められた. マツノザイセンチュウの活動期間に薬剤を松に保持させて優れた防除効果を発揮させるには,
    樹幹
    注入は5月まで,土壌処理は3月までに処理すればよい.
    (4) 土壌処理した disulfoton は比較的幹基部に多いものの, 上方の幹部や枝部にも吸収移行しており, 垂直分布が認められた. おもに木部 (外側) に多いが, 篩部からも検出されたことから, 松の根系から吸収され, 蒸散流はおもに木部の辺材と節部であることが示唆された.
    (5) 樹体内から検出された化合物は
    樹幹
    注入では mesulfenfos 自身であったが, 土壌処理では酸化体の disulfoton sulfone と sulfoxide が主であった. 土壌処理した disulfoton は土壌内で酸化されて, 酸化生成物が根から吸収移行した.
  • *峠 嘉哉, Emang Grace Puyang, 風間 聡
    水文・水資源学会研究発表会要旨集
    2018年 31 巻
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/12/28
    会議録・要旨集 フリー
    山林火災は乾燥の影響を受けることが知られているが,具体的に土壌の水分状態がどのように火災の発生・延焼過程に影響するかは未解明である.当時の延焼過程や焼損状況は地形,気象条件,土地利用,消火活動等のように様々な要因によって決定されて複雑であることに加え,火災は突発的で危険なため火災そのものの観察が難しいためである.そこで本研究では,2017年に大規模な火災が発生した釜石を対象に,火災後の
    樹幹に残る樹幹
    火傷の高さを広域に調査することで,火災の延焼について記録することを試みた.

    対象は岩手県釜石市平田で発生した大規模火災跡地である.釜石では強風による激しい延焼に加えて消防車両が入れない領域があったため広域が焼損した.焼損面積413haは岩手県で発生した火災として平成以降最大であり2016年における日本全体の焼損面積384haを超えた.

    焼損の程度は
    樹幹
    上の火傷高さとして残っており,小松浜周辺では
    樹幹
    火傷が木の頂部まで達している場合もあった.
    樹幹
    火傷の高さは高低に分かれており,風や延焼方向の影響で決定されることが知られている.これらは地形等の効果で大きく変化するため,広域な焼損域に対しても空間的に密な観測が必要であった.そこで約30m毎を目安として焼損域内で計1125点を計測した.

    観測項目を図4に示す.
    樹幹
    上の火傷高さに加えて,葉層に残る火傷跡の高さや焼土層の厚さも計測した.同一の木においても葉層の火傷高さは
    樹幹
    火傷高さより高い傾向があり,火によって生じる温風によって形成されたものと考えられる.

    樹幹
    火傷の高さと方向について図5,6に示す.
    樹幹
    火傷高さの分布は特に青出浜付近で高く,一方で周辺では下草と木々の下部のみが焼けていて焼損の程度に大きな差があった.また樹種による違いが大きく,広葉樹より針葉樹は
    樹幹
    火傷が高い傾向があった.

    樹幹
    火傷の方向は特に尾根上では聞き取り調査で得られたおおよその延焼方向を示していた.しかし,斜面が急な場合は斜面上部を示し,火災により発生した局所的な上昇気流の影響と考えられる.
    樹幹
    火傷の方向は延焼の方向に関わらず風速の方向を向くことも推察された.
  • 楠本 大, 長瀬 利文
    樹木医学研究
    2019年 23 巻 3 号 143-147
    発行日: 2019/07/31
    公開日: 2021/03/15
    ジャーナル フリー

    樹幹
    注入剤を施用する際,幹に開けた孔から薬剤を注入するため,傷や薬剤による通水障害の発生や木部の変色等の悪影響が懸念されているが,その実態を調査した研究はほとんどない.本研究ではソメイヨシノ,モミジバスズカケノキ,ユリノキに対し,4種類または2種類の
    樹幹
    注入殺虫剤を注入し,その後に生じた辺材変色の大きさを調査した.有機溶媒を含むD剤は,ソメイヨシノで500 cm以上,モミジバスズカケノキで100 cm以上,上方まで変色を生じさせた.また,注入孔の高さにおける変色の横断面積は他剤と比べて大きかった.一方,水を溶媒とする3薬剤の中では,注入孔が最も大きく,かつ,薬剤が孔内に残留し易いB剤で変色が最も大きくなり,成分濃度が最も低いA剤で最も小さくなった.しかし,D剤と比べるといずれも非常に僅かな変色に止まった.本研究により,
    樹幹
    注入剤による辺材変色は溶媒の影響が大きいことが明らかとなり,樹種によっても変色の大きさに違いがあることが示された.

feedback
Top