詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "母数"
12,041件中 1-20の結果を表示しています
  • 中井 啓晶, 倉敷 哲生, 座古 勝
    日本機械学会論文集 A編
    2005年 71 巻 711 号 1494-1499
    発行日: 2005/11/25
    公開日: 2011/03/02
    ジャーナル フリー
    It is very important for the damage tolerance design of a structure to reveal the behavior of fatigue cracks of the used material. They have some uncertainties, the random applied loads or the residual strength caused by manufacturing process and so on. It is difficult to evaluate the behaviors of real fatigue cracks. In this paper, an evaluation method for fatigue life based on fatigue crack length has been proposed. Fokker-Planck equation, which can describe fatigue crack propagation under random load and random propagation resistance, has been proposed. The distribution of fatigue life has been analyzed by combining both of the distribution of crack initiation life and the distribution of propagation life.
  • 第3報 設計疲労寿命の確率的検討とメンブレン・コルゲーションの疲労強度評価への適用例
    上村 武, 木村 忠, 中村 義隆, 酒井 啓一
    圧力技術
    1982年 20 巻 5 号 240-247
    発行日: 1982/09/25
    公開日: 2010/08/05
    ジャーナル フリー
  • 劉 城剛
    日本信頼性学会誌 信頼性
    2006年 28 巻 5 号 353-359
    発行日: 2006/09/01
    公開日: 2018/01/31
    ジャーナル フリー
    本稿では,両側定数打切(doubly censored Type II)データを対象とする場合,ワイブル
    母数
    推定法のいくつの新技法を紹介したい.未知データ予測法を使うことにより,本来は完全標本にしか使えない各種の従来既知の方法も両側定数打切データを適用できた.未知データ予測法は3タイプ5種類(D=1,2,…,5)に分けられた.新しい推定法として縦横両方向上の誤差を同時に考慮した最小2乗推定法を提案した.また,推定結果の偏りを修正するため,推定法で得たBIASとMSEを実験値として活用する経験的補正推定法も提案した.今回の未知
    母数
    推定のモンテカルロ・シミュレーションの条件として,実験回数はN=20000回,標本の大きさn=5,7,10,15,20で観測データ数≧4の両側中途打切データである.各ケースの推定効果の詳細について各参照文献に参照されたい.
  • 寒川 典昭, 荒木 正夫, 上原 剛, 草刈 智一
    水工学論文集
    1990年 34 巻 1-6
    発行日: 1990/02/20
    公開日: 2010/06/04
    ジャーナル フリー
    The reliability of the estimated parameters is evaluated by using the entropy to posterior distribution in the 2-parameter lognormal distribution. When λ and ζ are parameters representing the expectation and the variance of the hydrological value transformed into logarithm respectively, the following cases are discussed.(1)λ: unknown, ζ: known, (2)λ: known, ζ: unknown, (3)λ, ζ: unknown. In each case, the posterior distribution of the unknown parameter (s) is derived from Bayes Theorem, and its entropy is developed. This model is applied to monthly rainfall, and the increase of the reliability, accompanied by the increase of the number of data, is investigated.
  • 石岡 恒憲
    日本信頼性学会誌 信頼性
    1994年 16 巻 4 号 75-78
    発行日: 1994/10/28
    公開日: 2018/03/02
    ジャーナル フリー
    最尤推定法で3
    母数ワイブル分布の母数
    を推定するときには, 以下の問題が生じることが知られている.1つは鞍点の存在(形状
    母数
    m<le>2における正則条件の問題)であり, もう1つは尤度方程式の解が存在しない問題である.これらの場合の尤度関数を, 数式処理システムMaple Vを用いて3次元表示したので報告する.X軸には形状
    母数
    β, Y軸には位置
    母数
    γ, Z軸には尤度関数をとる(尺度
    母数
    ηの最尤推定値ηは, βとγを与えれば一意に定まるので, 表示の際には不要である.
  • 長塚 豪己, 山本 久志, 鎌倉 稔成
    日本信頼性学会誌 信頼性
    2008年 30 巻 8 号 713-726
    発行日: 2008/11/01
    公開日: 2018/01/31
    ジャーナル フリー
    位置
    母数
    を含まない2
    母数
    ガンマ分布の推定については,推定法が確立されている.一方,位置
    母数
    を含む場合には,モデルとしての柔軟性は増すがその推定は困難になる.よって,ガンマ分布を仮定しうるデータの解析においては,位置
    母数
    を含まないことが既知の場合はもちろん,位置
    母数
    を含むかどうか判断し難い場合も2
    母数
    ガンマ分布をあてはめて推定を行った方がよい場合があり,実際多くのケースで行われている.しかし,真の位置
    母数
    が0から離れている場合にはその分あてはまりが悪くなるという問題が生じる.そのような問題に対し,位置
    母数の存在の有無に関係なく母数
    を推定できることの意味は大きい.本稿では,位置
    母数
    を含むかどうかに依存しない新たな推定法を提案する.さらに,数値実験により,位置
    母数
    を含んでいるのかどうか判断し難い状況における提案法の適用が有効であることを示す.最後に,実データを用いて位置及び尺度
    母数
    の推定も含めた推定例を示す.
  • *長塚 豪己, 山本 久志, 鎌倉 稔成
    信頼性シンポジウム発表報文集
    2007年 2007Spring.15 巻
    発行日: 2007/06/01
    公開日: 2018/01/31
    会議録・要旨集 フリー
    ガンマ分布を仮定しうるデータの解析において,ガンマ分布に位置
    母数
    を含めるか含めないかによって推定問題は,大きく異なる.位置
    母数
    を含まない場合の推定については,推定法が確立されている.一方,位置
    母数
    を含む場合には,モデルとしての柔軟性は増す一方その推定は困難になる.本研究では,ガンマ分布の形状
    母数
    について,位置
    母数
    を含むかどうかに依存しない新たな推定法を提案する.
  • 山口 正隆, 宇都宮 好博, 野中 浩一, 真鍋 晶, 畑田 佳男
    海岸工学論文集
    2004年 51 巻 186-190
    発行日: 2004/10/08
    公開日: 2010/06/04
    ジャーナル フリー
    Gumbel分布, 形状
    母数
    固定型Weibull・GEV分布の2
    母数
    分布, およびWeibull・GEV分布の3
    母数
    分布を対象とした場合に, 第2種censored sampieに対するPPWM (部分確率加重積率) 法の精度を, censoring比など種々の条件を変えたモンテカルロシミュレーション結果に基づいて検討したのち, 候補分布を上記の2
    母数
    分布および布, Gumbel分布と3
    母数
    分とする2種類の極値統計解析モデルを, 欠落を伴う年最大高潮偏差観測資料の解析に適用した. そして, 各確率分布に対するPPWM法の適用条件ならびに標準偏差推定に対するjackknife法の精度を明らかにするとともに, 当該モデルは確率高潮偏差と標準偏差を適切に評価することを示した.
  • 森本 哲也
    機械材料・材料加工技術講演会講演論文集
    2009年 2009.17 巻
    発行日: 2009/11/06
    公開日: 2017/06/19
    会議録・要旨集 フリー
    セラミックス繊維や炭素繊維等の脆性繊維における単繊維引張り強度はゲージ長と負の相関関係を通常発現し、Weibull最弱リンクモデルを用いて良好にカーブフィットする事が出来る場合が多い。単一モードWeibull分布では尺度
    母数及び形状母数
    を用いて平均値及び標準偏差を表現することが出来るが、繊維材料の強度特性としては平均値が大きく標準偏差が小さいことが一般的に望ましいため、材料開発・改良を進める際には尺度
    母数及び形状母数
    それぞれの値がより大きくなる方向が志向される事になる。しかし、統計上のパラメータである尺度
    母数及び形状母数
    を材料定数と関連付けた表現が知られていないため、材料素材の改良等を行う際の定量的効果及び生産ラインへの投資効果を見積もることが困難であるのが現状である。そこで本研究では、寸法の分布が正規分布に従う破壊起点を内包した脆性繊維における、引張り強度のゲージ長寸法効果が単一モードWeibull分布により良好にカーブフィットされる場合を例題として採り上げ、尺度
    母数及び形状母数
    を繊維材料のパラメータを用いて表現することを試みる。
  • 松尾 陽太郎
    日本機械学会論文集 A編
    1983年 49 巻 437 号 46-52
    発行日: 1983/01/25
    公開日: 2008/02/21
    ジャーナル フリー
    前報で新たに定式化した位置
    母数
    をもつ破壊の多軸確率分布関数の応用として,二軸引張応力下における破壊確率比と,引張応力が支配的な場における二軸破壊曲線を求め,以下の結論を得た.破壊確率比は主応力比ξが1に近づくとともに増大する.この傾向は応力レベル比が大きいほど,また形状
    母数
    が小さいほど著しい.一,二軸均等引張下の破壊応力の期待値は,形状
    母数または位置母数
    が非常に大きくなると一致する.
  • *高嶋 康人, 南 二三吉
    溶接学会全国大会講演概要
    2014年 2014s 巻 418
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/06/25
    会議録・要旨集 フリー
    溶接構造用鋼とその溶接部を対象に,遷移温度以下の温度域での吸収エネルギーの統計的ばらつきについて,そのワイブル分布の形状
    母数
    を調査し,シャルピー試験片の応力場と最弱リンク論に基づいて導いた形状
    母数
    の解と比較した。試験本数が多いほど形状
    母数
    がほぼ2となることがわかった。
  • 疲労寿命分布の母数推定に関連して
    田中 道七, 酒井 達雄
    材料
    1979年 28 巻 304 号 13-19
    発行日: 1979/01/15
    公開日: 2009/06/03
    ジャーナル フリー
    It is one of the most fundamental steps to clarify the parameters of the initial distribution of structural member's fatigue life, whenever the reliability of any structure is analized using the reliability theory. Whittaker and others reported some studies on fatigue life distributions accepting the Weibull distribution with two parameters but without the location parameter.
    However, the Weibull distribution with three parameters including the location parameter should be considered as the distribution function at a stress level near the fatigue limit of a material. Since structures are designed often based on the fatigue limit of the members, it is important for the reliability analysis of the structures to clarify the fatigue life distribution at such stress levels.
    From the above viewpoint, the estimation of three parameters of the Weibull distribution was made in this study by means of several methods. Before the estimation was performed, Monte Carlo technique was applied to prepare many experimental data of fatigue life governed by the Weibull distribution with three known parameters. Then the values of each parameter estimated by several methods were compared with the true values given in advance, and the applicability of these estimating methods was examined. Furthermore, the sample size necessary to estimate the parameters of the initial distribution was discussed quantitatively.
  • 長塚 豪己, 山本 久志, 鎌倉 稔成
    日本経営工学会論文誌
    2007年 58 巻 5 号 342-352
    発行日: 2007/12/15
    公開日: 2017/11/01
    ジャーナル フリー
    ガンマ分布の位置
    母数の有無に依存しない形状母数
    の推定を行う方法を提案する.ガンマ分布の推定問題は,位置
    母数
    の存在で大きく異なってくる.ガンマ分布の推定問題は,位置
    母数
    を含まない場合には推定法が確立されており特に問題はない.しかし,位置
    母数
    を含んでいる場合には推定は一般に困難とされている.したがって,ガンマ分布を仮定しうるデータに対して,位置
    母数
    を含まないことがわかっているときはもちろん,位置
    母数
    を含んでいるのかどうか判断し難い(位置
    母数
    が0に近い)場合には,位置
    母数
    の存在を仮定せずに推定が行われる場合がほとんどである.このように,ガンマ分布の推定問題は位置
    母数
    の有無に大きな影響を受けるので,位置
    母数と独立に形状母数
    を推定できる方法は非常に有用である.数値実験で,位置
    母数
    が存在するかどうか判断し難い(位置
    母数
    が0に近い)ガンマ乱数に対し,提案法と2
    母数
    のガンマ分布をあてはめた場合の最尤法との比較を行う.そして,biasおよびMSEの平方根をとったRMSEについて提案推定量の性質の良さを示す.また,実データを用いた推定例により,提案法の適用における簡便さを示す.
  • 材料強度分布の母数推定に関連して
    Dimitri B. KECECIOGLU, 下河 利行
    材料
    1981年 30 巻 335 号 829-835
    発行日: 1981/08/15
    公開日: 2009/06/03
    ジャーナル フリー
    This paper attempts to identify the best method of estimating the parameters of the two-parameter Weibull distribution using data from complete samples. Various methods of estimating the Weibull parameters have been proposed, but adequate criteria in user side to judge which method is the optimum have not been developed. In several papers comparing the biases and expected losses in the estimators of the Type I extreme value distribution has been used. However, the two parameters are simultaneously estimated from a sample, not one by one separately, and they are used in the Weibull distribution. This paper uses the concepts of the Kolmogorov-Smirnov and chi-square goodness-of-fit tests, as well as biases and expected losses of estimators in the Weibull and Type I extreme value distributions, as criteria to select an appropriate method. Monte Carlo simulation provides sets of 2000 complete samples for each combination of sample sizes n=3, 6, 10, and 20, and shape parameters β=0.5, 1, 3, and 10. The eight methods of three kinds of graphical plotting techniques, two kinds of moments methods, maximum-likelihood estimation, and two kinds of linear estimation techniques are compared. This investigation concludes the best linear unbiased estimators (BLUE) to be the best among the eight methods for general use and recommends median ranks for probability plotting.
  • 疲労寿命分布の母数推定に関連して〔続報〕
    酒井 達雄, 田中 道七
    材料
    1980年 29 巻 316 号 17-23
    発行日: 1980/01/15
    公開日: 2009/06/03
    ジャーナル フリー
    In reliability analysis of machines and structural members, it is important to clarify the fatigue life distribution of these engineering items, and Weibull distribution is often accepted as the original distribution of the fatigue life. Although various kinds of estimation procedures have been developed on three parameters of Weibull distribution, the statistical properties of each estimated parameter still remain unsolved for any estimation method.
    The authors performed the parameter estimation by means of several methods and discussed on the distribution characteristics of estimates of Weibull parameters. In this study, three different kinds of estimation were made on each parameter of Weibull distribution, and, the estimates obtained from the respective methods, including those given in the previous paper, were compared with each other in particular attention to statistical properties such as convergency or distribution of estimates. Finally, the most preferable method for parameter estimation of Weibull distribution was selected and quantitative discussions were also performed on the sample size required to determine, experimentally, the parameter of the original distribution.
  • 竹山 象三
    日本経営工学会誌
    1987年 38 巻 3 号 163-168
    発行日: 1987/08/15
    公開日: 2018/12/17
    ジャーナル フリー
    2
    母数指数分布母集団の位置母数
    の大きさを保証する抜取検査の設計を試みた.検査は大きさnのサンプルの最小値を事前に設定した合格判定値と比較して行い, 生産者危険および消費者危険を満足させるために必要な合格判定値およびサンプルサイズについての検討を行った.対象とする母集団の分布は尺度
    母数および位置母数
    の2つの
    母数
    によって定められているので, はじめに, 尺度
    母数
    既知の場合について検討し, その後, 尺度
    母数
    未知の場合へ拡張した.とくに, 尺度
    母数
    未知の場合の抜取検査については, 推定した尺度
    母数
    の信頼率の検査結果への影響等をモンテカルロシミュレーションによって検討した.その結果, 尺度
    母数
    が未知の場合においても逐次抜取形式によって安全側の検査が可能であることが示された.一方, 検査作業の簡便化を図るため, ポータブルコンピュータで実行可能な抜取検査プログラムを作成した.
  • 岩瀬 晃盛, 瀬戸 信也
    環境科学会誌
    1993年 6 巻 3 号 259-266
    発行日: 1993/07/31
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
     大気中NO2濃度の日平均値の母集団分布としてべき逆ガウス型分布を仮定し,大気汚染測定局におけるNO2の汚染特性について解析する。3個の
    母数を持つべき逆ガウス型分布は母数
    の特別な場合として逆ガウス型分布と対数正規分布を含んでいる。最初に,べき逆ガウス型分布のいくつかの性質を提示し,各
    母数
    の役割について論じる。次に,べき逆ガウス型分布のNO2日平均濃度への適合度を逆ガウス型確率紙を利用して調べる。大部分の測定局でNO2,日平均濃度の分布としてべき逆ガウス型分布を採用することは否定されない。べき逆ガウス型分布の平均を表す
    母数
    と,分布の形状を決定しバラツキを表すと解釈される
    母数
    との相互依存性はほとんど認められない。これらの
    母数
    の推定値を基にして一般環境大気測定局と自動車排出ガス測定局との汚染構造の差異についてもあわせて検討する。
  • 小谷 稔, 飯塚 敦, 河井 克之
    土木学会論文集F6(安全問題)
    2015年 71 巻 1 号 46-57
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/12/20
    ジャーナル フリー
     災害時の不確実な情報から,意思決定者は災害対応の決断をしなければならない.この決断を下す際に「対応の迅速性」と「情報の正確性」のどちらを優先するかといった意思決定者のジレンマが存在する.この優先度の違いによって,災害対応の結果は異なってくる.そこで本研究では,災害発生後の死亡者数の時間変化をワイブル分布で近似し,逐次得られる死亡者数から最終死亡者数を求めるベイズ推定モデルを構築した.過去の地震災害事例を用いた最終死亡者数を考察することにより,災害対応の決断を下す時間帯を見積もることができ,これは意思決定者のジレンマ軽減に資するものと考える.
  • 宇都宮 好博, 山口 正隆, 野中 浩一, 真鍋 晶, 畑田 佳男
    海岸工学論文集
    2005年 52 巻 156-160
    発行日: 2005/10/07
    公開日: 2010/06/04
    ジャーナル フリー
    本研究では, 歴史資料を含む年最大値資料にあてはめる2
    母数
    分布 (Gumbel分布, 形状
    母数
    固定型GEV分布, 形状
    母数
    固定型Weibull分布) の
    母数
    , すなわち再現確率統計量の推定に対するPPWM法の精度と再現確率統計量の分散の推定に対するjackknife法の精度を広範なモンテカルロシミュレーションに基づいて検討したのち, 最適分布の選択を相関係数最大基準による極値統計解析モデルを現地資料の解析に適用した. 歴史資料の導入は, 再現確率統計量のbiasの増減にあまり寄与しないが, 正側に裾を引く分布形状の場合ほど, 分散に関して有意な大きさの減少をもたらすこと, および歴史資料を含む現地資料の解析事例は上記の結果を裏づけることがわかった.
  • 市川 昌弘
    日本機械学会論文集 A編
    1985年 51 巻 470 号 2368-2376
    発行日: 1985/10/25
    公開日: 2008/02/21
    ジャーナル フリー
    多軸応力下でのセラミックスの信頼性評価の基礎として,2
    母数
    ワイブル分布のワイブル係数(形状
    母数
    )が応力状態に依存しない材料定数と考えて良いかどうかを検討し,従来の研究よりも一般的な条件のもとでこれが材料定数であることを理論的に示した.また実験データからワイブル係数を推定する場合の信頼区間を提示した.さらに強度が2
    母数
    ワイブル分布に従うという前提の下で,き裂寸法の分布を理論的に導いた.
feedback
Top