詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "漢中市"
12件中 1-12の結果を表示しています
  • 伝統的な椅子文化の比較調査を通して
    石村 真一, 車 政弘, 石丸 進
    住宅総合研究財団研究年報
    2001年 27 巻 77-88
    発行日: 2001年
    公開日: 2018/05/01
    ジャーナル オープンアクセス
     本研究の目的は,中国農村部で使用される伝統的な椅子が,地域の生活文化とかかわり,いくつかの生活形態に関する規範を形成した可能性を,調査によって検証することにある。中国の調査は,四川省成都市、貴州省凱里市,陜西省漢中市,湖南省邵陽市の4ケ所で実施した。調査の結果より,低い腰掛けと低い卓子の組み合わせは,山間部の一部に限られた。殆どの地域では高さ50cm程度の腰掛,80cm程度の卓子を伝統的に使用してきたが,近年は欧米の標準寸法に移行している傾向が認められた。
  • 大久保 宣雄
    九州病害虫研究会報
    1996年 42 巻 131-132
    発行日: 1996/11/15
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
  • ─陝西省洋県の有機農業経営者11 社を対象に─
    曹 斌, 成田 拓未
    農業市場研究
    2016年 24 巻 4 号 1-10
    発行日: 2016/03/31
    公開日: 2018/03/31
    ジャーナル フリー

    This article analyzes the causes for the gradually decrease of supply quantities of organic products based on the studies taken from 11 organic production enterprises in Yang County, Shaanxi Provence,China. The findings revealed that even though organic enterprises held a positive attitude towards organic agriculture production, they are mostly realizing no or small profits. The study determined that the current agricultural policy system in rural finance, financial project applications, regional marketing strategies, as well as the intensive use of agricultural land through intermediary for public welfare and agricultural technology popularization system are incomplete, which have limited support for the growth of organic production marketing enterprises. The article proposes that future organic agricultural product market research should start from the point of view of agricultural policy.

  • 周 京勇
    林業経済研究
    1993年 1993 巻 123 号 70-74
    発行日: 1993/03/20
    公開日: 2017/08/28
    ジャーナル フリー
  • 杉浦 泰郎
    農業機械学会誌
    1995年 57 巻 5 号 73-77
    発行日: 1995年
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
  • 森 鹿三
    人文地理
    1958年 10 巻 1 号 37-50
    発行日: 1958/04/30
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
  • 石丸 進, 石村 真一
    デザイン学研究
    2004年 51 巻 3 号 1-10
    発行日: 2004/09/30
    公開日: 2017/07/19
    ジャーナル フリー
    本研究は,わが国の室内・家具と中国家具文化とのかかわりを,坐臥具を中心に比較・検証した。その結果,次のことが明らかとなった。(1)中国坐臥具の床(牀ともかく)は寝台であり,日本の「床の間」「床几」「床子」などの語源や形態に影響した。(2)「榻」は,日本の縁台や店棚形式の坐具と類似する。(3)中国北方の寝床「?」での起居様式は日本と同じ床坐であった。?で使用する「?卓」は、日本の「座卓」の原型であった。(4)?の起源は,古代中国の俎を原型とし,小?子は,日本の踏台や風呂腰掛けと同一構造・形態であった。(5)条?は,日本の床几と構造・形態で一致し,使用法も類似していた。
  • 田 偉利, 川上 洋司
    都市計画論文集
    2005年 40.2 巻 80-87
    発行日: 2005/10/25
    公開日: 2017/07/01
    ジャーナル オープンアクセス
    本研究は、中国の 212都市を対象として、土地使用権の流動性と都市特性との関連性を明らかにした上で、地域の状況に応じた今後の土地利用管理政策についての方向性を提示することを目的としたものである。先ず、 1949年から現在までの中国の土地利用制度と土地管理政策を整理し、五つの時期に分け、各時期の特徴を明らかにする。次に、対象都市の都市経済指標と土地利用指標を用いて、主成分分析 /クラスター分析を行い、 7グループに類型し、各グループの経済発展レベルと都市化レベルの対応関係及び特徴を明らかにする。最後に、類型ごとの都市特性と土地使用権の転換状況の関係を比較分析・考察し、その結果に基づいて、類型ごとの今後の土地利用管理政策の方向性を提示している。
  • 曹 毅, 杉野 丞, 沢田 多喜二, 李 澐璋, 張 葉茜
    日本建築学会計画系論文集
    2020年 85 巻 774 号 1789-1799
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/08/30
    ジャーナル フリー

     In this paper, we took up 20 buildings of Three bay building type from the Yuan and Ming Dynasty in Sichuan Province, and examined their architectural characteristics such as their plane dimensions, structural system, tokyou and climbing beams. The characteristics are summarized as follows.

     1) About the appearance and plane of Three bay type

     Three bay type is generally constructed as a built-up roof tile, with double doors in the middle at the front and thick wall (3 buildings) and thin wall (17 buildings) on both sides and back. The general plane is between the purlin 3 spans and between the crossbeam 3 or 4 spans, and is a square with a side length of about 12 meters to 15 meters. As for the inter-column dimensions, the ratio between the center and side of the front is about 2 to 3 times.

     2) About the span and frame

     Three bay type is based on a girder type in which a tokyou is placed on the pillars and a frame is built using beams and bundles between the pillars. It belongs to the frame form of North and Central China. The interior space has four pillars in the center and eaves with a width of 1 is surrounded around it. In the eaves, it is divided into three types, one-frame, two- frame, and three-frame system, based on the purlin girder span. The Moya is divided into three types, three-frame, four-frame and five-frame. It is common for Three bay type to have a two-frame system for the eaves and a four-frame system for the Moya.

     3) About the tokyou and center-tokyou

     In Three bay type, there are four types of tokyou, 3-stage, 2-stage, 1-stage, and overhanging beam, there are different from the ones on the front, both sides and back. The tokyou arrangement have 4 types. The first one uses a 3-stage on the front and 3-stage, 2-stage, 1-stage, overhanging beam on the both sides and back. The second one uses a 2-stage on the front and 2-stage, 1-stage, overhanging beam on the both sides and back. The third one uses a 3-stage on the front, both sides and back. The fourth one uses a 2-stage on the front, both sides and back.

     4) About the climbing beam and the tail rafter of Tokyou

     Some buildings of Three bay type use curved materials (climbing beams) as structural materials for the Moya and eaves. One is to use a thick diagonal material (tentative name: large climbing beam) assembled in the shape of a palm in the beam direction in the center of the attic of the Moya. The other is to use a curved material (tentative name: small climbing beam) for the tokyou on the side pillar, which connect the tokyou to the Moya girder in the attic of the eaves.

  • 張 晴原, 吉野 博
    日本建築学会環境系論文集
    2016年 81 巻 726 号 731-738
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/08/30
    ジャーナル フリー
     In recent years, with the economic development and the improvement of living standards in China, the energy consumption has been increasing significantly. To create a sustainable society, it is important to clarify the energy consumption and CO2 emissions in the residential sector, especially that in the urban houses because China is in the process of urbanization.
     Studies on the residential energy consumption in China have been carried out in Japan as well as China. Yoshino et al.1) have made clear the energy consumption of apartment houses for six Chinese cities by surveying; Zhang et al.2) clarified the energy consumption for the capital cities in China in 1997 using the official statistics, developing a model predicting energy consumption in the residential houses in China; Ning et al.3) investigated the structure of energy consumption using the Chinese statistics; Yu et al.4) clarified energy consumption by questionnaire surveying and simulations for six Chinese cities; Ling et al.5) investigated the consumption of electricity and gas for 23 areas in Beijing and made clear the average energy consumption except energy for district heating. All these studies can be classified into two methods: statistical and survey methods. With the statistical method, researches often face the problem of lacking the items needed in their researches; but with the survey method, it is difficult to tell if the results can represent the reality. Because the statistical method is based on large number of residents, it is used in this study. All the studies mentioned above have not been able to make clear the trend of energy consumption in the urban houses, nor the CO2 emissions caused by the energy consumption.
     In this study, based on Chinese statistics, unit energy consumption for 277 Chinese cities is clarified during the period of 2002-2012. The emissions of CO2 caused by energy consumption per household are also analyzed. The main conclusions of this study are as follows:
     (1) Energy consumption per urban household increases from 12.3 GJ to 23.1GJ in the period of 2002 - 2012. The percentage of each kind of energy was clarified;
     (2) The emissions of CO2 per urban household increases from 1, 689 kg CO2 to 3,559 kg CO2 in the period of 2002 - 2012. The weight of CO2 emissions caused by different kinds of energy resources was made clear;
     (3) Energy consumption and CO2 emissions per household in the capital cities is 1.44-fold and 1.42-fold of the average, respectively.
  • -日本との比較検討を通して-
    劉 晨, 王 勤学, 李 全鵬, 石村 貞夫
    環境科学会誌
    2012年 25 巻 5 号 333-346
    発行日: 2012/09/28
    公開日: 2013/10/04
    ジャーナル フリー
    中国では経済が著しく発展する一方で,その水環境は悪化している。この事態の転換のために様々な対策が考案されている中で,住民としての個人の役割も提起されている。しかし,中国では水環境に対する一般住民の意識がどのようなものであるかという調査研究はこれまでほとんどなされていない。このため,2008 年3 ~5 月に,中国の漢江流域にある丹江口市,襄樊市,鐘詳市,仙桃市,武漢市の5 地域の都市部及び農村部における一般住民の水環境に対する意識を調査した。その調査結果を基に,水環境の現状に対する意識,日常生活と水環境に対する意識,水環境の施策に対する意識,水環境への住民自らの取り組み,及び水環境政策に対する要望,という5 つの項目で日本との比較検討を行った。その結果,中国漢江流域でも日本でも水環境に対する関心度は高く,水環境の現状や施策に対する意識について多くの共通点が見られた。その一方,河川の水質汚染の原因については,中国漢江流域では第一に工場排水であると認識しており,日本では生活排水であると認識しているなど,両地域の相違が明らかとなった。また,中国漢江流域では水環境に対する関心度が高く,水環境の保全と回復が期待されていることがわかった。しかし,中国漢江流域では公害型の水環境問題は注目されているものの,同時に混在している都市型・生活型の水環境問題についてはまだ十分に認識されていない。さらに,実生活の環境負荷の削減策はそれほど浸透しておらず,そのノウハウや工夫も不十分ということが明らかになった。このような調査と比較研究は,今後の中国の水環境施策や日本のアジア環境政策の策定に参考となるであろう。
  • 森 鹿三, 山澄 元
    人文地理
    1960年 12 巻 2 号 143-156
    発行日: 1960/04/30
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
feedback
Top