アロマテラピー学雑誌
Online ISSN : 2189-5147
Print ISSN : 1346-3748
ISSN-L : 2189-5147
研究ノート
近代日本の生活環境と「香り文化」 アロマテラピー受容の背景―第1報 社会・生活環境の視点からの近代日本の「香り文化」―
江藤 茂博市村 真納市村 恒士
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 17 巻 1 号 p. 1-7

詳細
抄録

本研究では,「香り文化」を,「主に快適性の増進を目的とした,室内における香りの活用全般に関する文化」と定義し,日本の近代社会の経済状況や生活環境の変化のなかで「香り文化」がたどった変遷を探り,日本の社会におけるアロマテラピーの受容と展開にどのような背景があったのかを明らかにした。この第1報では,主に衛生,公害,家電,住宅,下水道などの制度的な面に着目し,明治期から1980年代前半までの「香り文化」の変遷について調査,分析を行った。また香りに関連した商品の例証を行い,それらが保健環境や居住環境,近代批判としての自然志向の風潮など社会的要素から影響を受けていることを示した。

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 日本アロマ環境協会
前の記事 次の記事
feedback
Top