アロマテラピー学雑誌
Online ISSN : 2189-5147
Print ISSN : 1346-3748
原著論文
精油中のフロクマリン類分析
沢村 正義鈴木 悟小原 典子佐藤 美夢東谷 望史
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 17 巻 1 号 p. 39-47

詳細
抄録

本研究は,精油の安全使用に関するアロマテラピー情報を提供することを目的として,光毒性をもつフロクマリンの定量分析を行ったものである。ガスクロマトグラフィー-質量分析(GC-MS)において,内部標準としてp-クロロベンゾフェノンを使用し,また選択イオンモニタリング(SIM)モードで分析を行った。光毒性をもつソラレン,キサントトキシン,ベルガプテン,イソピムピネリン,そしてクマリン類の一種で光毒性のないオーラプテンの正確な一括分析法を確立するために9種類の質量イオンを選択した。分析した116種類の市販精油のうち,フロクマリンはセリ科およびミカン科の精油試料で,それぞれ4種類,9種類検出された。一方,オーラプテンは6種類のミカン科精油で検出された。

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 日本アロマ環境協会
前の記事 次の記事
feedback
Top