J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

赤門マネジメント・レビュー
Vol. 15 (2016) No. 12 p. 647-654

記事言語:

http://doi.org/10.14955/amr.151202

経営学輪講

本稿では、組織アイデンティティ論の著名論文であるDutton and Dukerich (1991) をレビューし、同論文で用いられた組織アイデンティティを説明変数とした研究方法論について整理する。具体的な研究手順として、(1) 組織事象の時系列整理、(2) コンテンツアナリシスによる組織アイデンティティの特定、(3) 組織アイデンティティと「組織の解釈」、「感情」、「行動」の紐つけ、という三つの分析によって、組織アイデンティティを説明変数として扱うことが示される。

Copyright © 2016 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター

記事ツール

この記事を共有