自律神経
Online ISSN : 2434-7035
Print ISSN : 0288-9250
総説
レヴィー小体型便秘とパーキンソン病
榊原 隆次
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 57 巻 3 号 p. 176-180

詳細
抄録

パーキンソン病(PD,大脳皮質に広がった形はレヴィー小体型認知症[DLB])は,ときに高度の便秘をきたす場合があり,消化器科救急として偽性腸閉塞/麻痺性イレウスをきたす場合もある.さらに最近,PD患者の便秘が,運動症状などをほとんど伴わず,初発症状となりうることが明らかとなってきた(レヴィー小体型便秘Lewy body constipation).その機序として,腸管壁内(Auerbach)神経叢の変性・レヴィー小体出現を反映しているものと思われ,一部,大脳黒質・青斑核の病変も関与していると考えられる.救急受診を予防するためにも,PDの便秘に対して,十分な治療が望まれる.とくにレヴィー小体型便秘の患者さんは,内科・消化器内科を初診することが少なくないと思われ,脳神経内科と消化器内科の協力が重要と思われる.

著者関連情報
© 2020 日本自律神経学会
前の記事 次の記事
feedback
Top