自律神経
Online ISSN : 2434-7035
Print ISSN : 0288-9250
原著
局所冷浸水並びに対照浸水時の血圧におよぼす背部触刺激の影響
有本 邦洋下重 里江黒澤 美枝子
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 57 巻 3 号 p. 184-191

詳細
抄録

本研究の目的は,触刺激の影響を昇圧時と非昇圧時とで比較することである.昇圧を起こすために,右手首までを冷水(8-10℃)に浸水させた(冷浸水実験).対照浸水実験には,30-32℃の水を用い,いずれの場合も3分間浸水させた.血圧の測定には自動血圧計を用いた.冷浸水または対照浸水を開始した1分後から徒手による触刺激を背部に2分間加えた.冷浸水中に背部へ触刺激を加えると,触刺激がない場合と比べて収縮期血圧と拡張期血圧の昇圧反応がいずれも有意に減弱した.対照浸水のみでは収縮期血圧,拡張期血圧ともに有意な変化を認めなかったが,浸水中に触刺激を加えることで拡張期血圧が有意に減弱した.また,触刺激の降圧効果は対照浸水時よりも冷浸水時において顕著であった.以上の結果より,急性昇圧時の降圧における触刺激の有効性が示された.

著者関連情報
© 2020 日本自律神経学会
前の記事
feedback
Top