Bird Research
Online ISSN : 1880-1595
Print ISSN : 1880-1587
テクニカルレポート
森林におけるスポットセンサスとラインセンサスによる鳥の記録率の比較
平野 敏明植田 睦之今森 達也川崎 慎二内田 博加藤 和明金井 裕
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 5 巻 p. T1-T13

詳細
抄録

鳥類の生息状況のモニタリングにおけるスポットセンサスの有効性を検討するために,越冬期と繁殖期に各13か所の森林で,ラインセンサスとスポットセンサスによる,鳥の種数・個体数の把握状況の比較を行なった.その結果,越冬期・繁殖期ともにスポットセンサスは,ラインセンサスより多くの種を記録し,しかも記録率も短時間で高くなった.記録された個体数は,越冬期・繁殖期ともにスポットセンサスとラインセンサスのあいだに正の相関がみられたが,越冬期は両手法で記録された個体数の差が大きかった.繁殖期のスポットセンサスの各定点の最大値の合計値とラインセンサスの最大値は極めて近い値をとり,個体数のおおまかな比較も可能と考えられた.以上の結果から,鳥類の生息状況のモニタリング調査のために,スポットセンサスは効率的な方法と考えられた.

著者関連情報
© 2009 特定非営利活動法人バードリサーチ
前の記事 次の記事
feedback
Top