桐生大学紀要
Online ISSN : 2435-7049
Print ISSN : 2186-4748
ピアサポートを受けたがん患者の思いに関する研究内容の分析
松沼 晶子二渡 玉江
著者情報
キーワード: ピアサポート, 思い
研究報告書・技術報告書 オープンアクセス

2020 年 31 巻 p. 99-107

詳細
抄録

[目的]ピアサポートを促進するために必要な課題を明確化するため,ピアサポートを受けたがん患者の思いを明ら かにする. [方法]1985年~2018年の医学中央雑誌Web版(Ver5)を用いて,腫瘍にピアグループ,ピアサポート,感情,共感, 患者心理,語り等をキーワードに検索し研究目的に沿った15件を対象とした.研究論文数,研究方法などについて は記述統計量を算出した.思いの内容は質的帰納的に分析した. [結果]対象となった15論文から,記録単位63単位,コード36,各コードの意味内容を類似性に基づき分類した結 果,14サブカテゴリー,7つのカテゴリー[ピアからもらうがんと生きる力],[話せることで得られる安心],[自分だ けじゃないという安心],[治療後のイメージができ今後への安堵感],[がんと共に生きる新たな考え]」,[ピアとの日 常から得る癒し],[ピアに抱く葛藤]が抽出された. [考察][がんと共に生きる新たな考え],[ピアとの日常から得る癒し]では,がん患者がピアと出会い変わらぬ日常 を感じる中でがんと共に生きていく第一歩として,自分の考え方の変化に気づいていけるよう支援することが必要 であると考える.また,[ピアに抱く葛藤]では,医療者は,目的に合ったピアサポート選びと参加後の影響を把握 することによって,がん患者にとって効果的な支援となるような介入が必要であると考える.

著者関連情報
© 2020 桐生大学・桐生大学短期大学部
前の記事 次の記事
feedback
Top