脳循環代謝(日本脳循環代謝学会機関誌)
Online ISSN : 2188-7519
Print ISSN : 0915-9401
新評議員
脳虚血後の神経細胞死におけるp53 依存的経路の役割
新妻 邦泰冨永 悌二
著者情報
ジャーナル フリー

25 巻 (2014) 2 号 p. 117-121

詳細
PDFをダウンロード (2195K) 発行機関連絡先
抄録

脳虚血後には種々の分子シグナリングの経路が活性化されるが,虚血の程度が強い場合には,アポトーシス関連経路が活性化されることになる.アポトーシス関連経路においてはp53 が重要な役割を果たし,転写依存的に多数のアポトーシス関連分子を活性化し,その結果としてBcl-2 ファミリーメンバーの相互作用を介してミトコンドリア膜間腔に存在するcytochrome c やapoptosis-inducing factor などが放出される.その後にcaspase-9,caspase-3 の活性化が続きアポトーシスを誘導するが,この「放出」のステップが不可逆的であるために,ここが細胞死を決定づける段階であると考えられている.本稿では,このステップを制御すると考えられるp53 依存性の分子とBcl-2 ファミリーのタンパクとの相互作用の中から,我々のグループが研究を重ねたBax, PUMA, PIDD を中心に概説する.

著者関連情報
© 2014 日本脳循環代謝学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top