脳循環代謝(日本脳循環代謝学会機関誌)
Online ISSN : 2188-7519
Print ISSN : 0915-9401
新評議員
18F-AV45(Florbetapir)を用いた脳アミロイドイメージング
工藤 雅子米澤 久司柴田 俊秀小原 智子高橋 純子佐々木 敏秋寺崎 一典世良 耕一郎寺山 靖夫
著者情報
ジャーナル フリー

25 巻 (2014) 2 号 p. 91-96

詳細
PDFをダウンロード (3446K) 発行機関連絡先
抄録

Alzheimer 病(AD)において脳内に蓄積したアミロイドの描出を18F-AV45(Florbetapir)を用いたPET で評価し,軽度認知機能障害(MCI),前頭側頭葉変性症(FTLD)および正常対照(HC)と比較検討を行った.前頭葉,側頭葉,頭頂葉,後頭葉および被殻,視床,橋に関心領域を設定し小脳を対照としたstandardized uptake value ratio(SUVR)を測定し,AD と各疾患で比較した.SUVR は大脳皮質全般でAD において最も高く,MCI はADとHC の中間であった.FTLD では低値であった.HC では白質の集積がやや高かった.18F-AV45 を用いることで優れたアミロイドイメージングが得られ,またAD とMCI,FTLD,HC の鑑別にSUVR を用いた半定量法ではアミロイド沈着の評価においてこれまでの報告と同様の結果が得られた.今後症例数を増やした統計学的な検討が必要と考えられた.

著者関連情報
© 2014 日本脳循環代謝学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top