環境情報科学論文集
Vol.31(第31回環境情報科学学術研究論文発表会)
会議情報

研究論文
岐阜県長良川流域の社会・気候変動をめぐるステークホルダーの関心事項の可視化の試み
岩見 麻子馬場 健司
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 29-34

詳細
PDFをダウンロード (1353K) 発行機関連絡先
抄録

本研究では,岐阜県長良川流域における社会・気候変動について多様なステークホルダーを対象にヒアリング調査を行い,その結果にテキストマイニングを適用することでステークホルダーの関心事項の可視化を試みた。対象とした26 団体を,言及した語の傾向によって6 グループに分類し,各グループと言及した語の関係性を可視化した結果,1)全グループで共通の関心事項は気候変動の影響や,長良川のアユや漁業者の減少,今後の仕事や地域との関わりであったこと,2)たとえば漁業と観光事業,河川管理のグループ間では長良川のアユなど,事業や活動の分野が異なっていても共有されている関心事項や問題意識があることを明らかにすることができた。

著者関連情報
© 2017 (一社)環境情報科学センター
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top