環境情報科学論文集
Vol.32(第32回環境情報科学学術研究論文発表会)
会議情報

研究論文
式根島浅海域CO2 シープに対するダイビング事業者と漁業従事者の認識
氏家 萌美武 正憲原 光宏和田 茂樹
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 227-232

詳細
抄録

東京都新島村式根島には,自然界におけるCO2 の噴き出し(CO2 シープ)が存在し,海洋酸性化による影響に関する研究が行われている。本研究では,その海域を利用するダイビング事業者と漁業従事者へのヒアリング,ダイビングツアーで撮影された写真を通して,海域を頻繁に利用する者がどのような認識を示しているかを明らかにした。CO2 シープによって漁業従事者は悪影響を認識し,避ける場合がある一方で,ダイビング事業者は好影響を認識し,積極的に利用しようとする認識が示された。また,海底から噴き出る泡とその周辺で観察できるウミガメというCO2 シープに起因すると考えられる景観構成要素が観光資源として価値を有することが示唆された。

著者関連情報
© 2018 (社)環境情報科学センター
前の記事 次の記事
feedback
Top