臨床神経学
Online ISSN : 1882-0654
Print ISSN : 0009-918X
短報
ヒト・プラセンタ・エキス投与と関連があると思われたreversible cerebral vasoconstriction syndrome(RCVS)の1例
松山 友美佐竹 真理恵
著者情報
ジャーナル フリー

52 巻 (2012) 3 号 p. 182-185

詳細
PDFをダウンロード (368K) 発行機関連絡先
抄録

症例は44歳の女性である.44歳の3月上旬に更年期症候群の症状緩和・美白効果を目的にヒト・プラセンタ・エキス皮下注を2日に1回計6回を受けた.初回投与18日目に突然雷鳴様頭痛が出現,第4・第6病日にも眼球の奥をえぐるような激しい頭痛が出現した.発熱・項部硬直はみとめず,髄液・頭部CTも正常だった.頭部MRAで右中大脳動脈と両側前大脳動脈に分節状の多発性狭窄をみとめた.第12病日に頭痛は消失,頭部MRA再検で多発性脳血管狭窄はほぼ消失しており,reversible cerebral vasoconstriction syndrome(RCVS)と診断した.本症例ではヒト・プラセンタ・エキスにふくまれている女性ホルモンがRCVSの発症要因の一つと考えられた.

著者関連情報
© 2012 日本神経学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top