臨床神経学
Online ISSN : 1882-0654
Print ISSN : 0009-918X
短報
緑茶抽出物飲料の過剰摂取により低カリウム血性ミオパチーをきたした1例
福元 恵山城 亘央小林 史和長坂 高村瀧山 嘉久
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 53 巻 3 号 p. 239-242

詳細
抄録

症例は49歳男性である.数日の経過で進行する四肢脱力により歩行できなくなったため,当院に緊急搬送された.脱力発作の既往歴や家族歴はなかった.血清カリウムが1.9mEq/lと低下しており,低カリウム血性ミオパチーと診断した.経口的にカリウム補充をおこなったところ,血清カリウム値,症状ともにすみやかに改善し,治療中止後も再発はなかった.カリウム代謝に関連した内分泌学的異常はみとめず,患者は,去痰目的に市販の総合感冒薬を10年間連日服用し,肥満解消目的に,症状出現2週間程前より緑茶抽出物健康飲料を大量摂取していたことから,これらにふくまれるカフェインの大量摂取が低カリウム血症の原因であると考えられた.

著者関連情報
© 2013 日本神経学会
前の記事 次の記事
feedback
Top