日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
ヒト角層より抽出されたシスチンリッチタンパク質の由来について
高橋 昌江手塚 正
著者情報
ジャーナル 認証あり

1985 年 95 巻 7 号 p. 731-

詳細
抄録

1.ヒト足底角層中にみられた分子量16,000のcystine-rich proteinを精製し,horseradish peroxidaseとの結合物を用いて家兎に免疫して抗体を作製した.2.生成した抗体を用いて蛍光抗体法を行ったところ,顆粒層から角層下部にかけて網目状の蛍光がみられた.3.したがって表皮組織のDACM染色時にみられる顆粒層から角層にかけての網目状蛍光の一部は分子量16.000のcystine-rich proteinに基づいていることが示された.

著者関連情報
© 1985 日本皮膚科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top