デジタルゲーム学研究
Online ISSN : 2434-4052
Print ISSN : 1882-0913
投稿論文
エラータ:デジタルゲーム内の向社会的行動とプレイヤーの向社会性の関係に関する実証的研究
林 志修佐々木 輝美
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 11 巻 p. 53-65

詳細
抄録

本研究では向社会的デジタルゲームに関する先行研究での課題の解決を試み、向社会的行動を文脈によって定義づけ、その定義に基づき、人気デジタルゲームタイトルの内容分析を行った。内容分析の結果、分析対象になった27個のデジタルゲームタイトルでは1時間当たり平均3.59回の向社会的行動が行われた。内容分析に基づき、デジタルゲームの中の向社会的行動とプレイヤーの向社会性の関係を明らかにするためインターネット調査を行った。その結果、向社会的行動の表現が多くみられたデジタルゲームのプレイ時間とプレイヤーの向社会性の間に有意傾向の正の相関がみられた。また、向社会的行動を文脈によって分類したとき、異なる種類の向社会的行動の持続時間はプレイヤーの向社会性と異なる関係を示すことが分かった。

著者関連情報
© 2018 日本デジタルゲーム学会
前の記事
feedback
Top