電気泳動
Online ISSN : 2189-2636
Print ISSN : 2189-2628
総合論文
血清・血漿中のNative Peptide分析
小寺 義男
著者情報
ジャーナル 認証あり

61 巻 (2017) 2 号 p. 69-73

詳細
PDFをダウンロード (1487K) 発行機関連絡先
抄録

血中のnative peptideには,ホルモンやサイトカインといった重要な生理活性因子が含まれており,健康状態や疾患に直接関連した有用な成分の発見が期待されている.しかし,多くの成分が血清アルブミンなどのキャリアタンパク質に結合していることに加えて,酵素消化ペプチドに比べて同定が非常に困難であるため,native peptide の持つ可能性を引き出すに至っていない.こうした中,当研究グループでは,独自に開発した高効率なペプチド抽出法Differential Solubilization法を基盤に,血中native peptideの詳細な分析を目指して研究を進めている.本稿では,2種類の安定同位体標識タグを組み合わせた,未同定のnative peptideにも応用できる疾患関連ペプチドの探索・検証法について紹介する.

著者関連情報
© 2017 日本電気泳動学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
前身誌

生物物理化学

feedback
Top