電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review
Online ISSN : 1882-0875
技術の原点
スイッチング理論の原点を尋ねて
―シャノンに先駆けた中嶋章の研究を中心に―
山田 昭彦
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 3 巻 4 号 p. 4_9-4_17

詳細
抄録

中嶋章は1930年代に独自にブール代数に相当する理論を構築し,スイッチング理論の研究を行ってリレー回路設計に適用した.1935年にド・モルガンの法則を含むリレー回路構成理論を発表し,1936年には榛澤正男と共著で“+”と“×”の記号を用いてスイッチング回路を論理式で表し,この変換及び簡単化を含むスイッチング理論を発表した.Claude E. Shannon が同様の論文を発表したのは1938年である.中嶋の生誕100年にあたる2008年にフィンランドのTampere University of Technology より中嶋の全英文論文を収録した覆刻本が出版された.

著者関連情報
© 2010 一般社団法人 電子情報通信学会
前の記事 次の記事
feedback
Top