電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review
VLD研究会提案
ICチップの真正性の確保と対策
– ハードウェアセキュリティの根源的課題に向き合う –
永田 真
著者情報
ジャーナル フリー

8 巻 (2014) 3 号 p. 177-182

詳細
PDFをダウンロード (1085K) 発行機関連絡先
抄録

ハードウェアの根底にあるICチップの真正性の課題 ―近年,国際的な設計開発と製造流通の分業体制の下,これまで疑いの余地のなかったICチップの身元や確からしさに対する疑念が示唆されている.ICチップのセキュリティについては,これまで欧米を中心に研究活動が進められてきた.他方,セキュリティ機能を持つICチップの開発・製品化は我が国に先進性があり,セキュリティ機能に関するぜい弱性の分析や試験評価の方法について,産業界の連携による研究開発の取組みが進められてきた.本稿では,半導体部品の真正性に関する脅威と対策の取組みに焦点を置いて解説する.

著者関連情報
© 2015 一般社団法人 電子情報通信学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top