ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
最前線
最先端プロテオミクス解析を用いたユビキチン研究
佐伯 泰
著者情報
ジャーナル 認証あり
電子付録

2020 年 56 巻 1 号 p. 21-25

詳細
抄録

近年、ユビキチン創薬が爆発的に進展しており、ユビキチン修飾系の基礎研究に対するニーズと期待がかつてないほど高まっている。ユビキチン化はタンパク質によるタンパク質の翻訳後修飾であるため、ユビキチン修飾をシステムとして理解するには質量分析によるプロテオミクス解析が最も有効である。本稿では、ユビキチン鎖の識別・定量法とユビキチン化基質の網羅的同定法について現状と今後の展望を紹介する。

著者関連情報
© 2020 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top