ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
セミナー
新しい低分子薬の創薬モダリティPROTAC
開発経緯と最新の動向
大岡 伸通内藤 幹彦
著者情報
キーワード: PROTAC, SNIPER, VHL, CRBN, IAP
ジャーナル 認証あり

2020 年 56 巻 1 号 p. 41-45

詳細
抄録

近年、細胞内の狙ったタンパク質を特異的に分解する化合物を創製する技術が開発され、新しい低分子薬の創薬モダリティとして製薬業界やアカデミアを中心に大きな注目を集めている。本稿では、これらの化合物の総称として定着しつつあるPROTAC(Proteolysis-targeting Chimera)の開発経緯、医薬品開発企業の動向、従来の低分子薬とは異なる特徴や将来の展望などについて概説する。

著者関連情報
© 2020 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top