日本薬理学雑誌
Online ISSN : 1347-8397
Print ISSN : 0015-5691
ISSN-L : 0015-5691
シサプリドの5-HT4受容体への親和性
片山 謙一森尾 保徳芳賀 慶一郎福田 武美
著者情報
ジャーナル フリー

1995 年 105 巻 6 号 p. 461-468

詳細
抄録

消化管運動賦活調整薬であるシサプリド(cis-4-amino-5-chloro-N-[1-[3-(p-fluorophenoxy)propyl]-3-methoxy-4-piperidy1]-o-anisamide)のセロトニン(5-HT)4受容体への親和性を,モルモット脳線条体を膜標品とする3H-GRIl3808結合試験を用いて検討した.3H-GR113808は解離定数(Kd値)0.21±0.009nM,最大結合量(Bmax値)162±7.7fmol/mgタンパクで単一結合部位に結合した(Hill係数1.0±0.03).しかし,3H-GRI13808と特異的に結合した膜標品に高濃度のシサプリドを添加すると,3H-GRI13808は急速に受容体から解離し,シサプリドは3H-GR113808と同一部位に結合することが示唆された,シサプリドの3H-GRII3808に対する阻害作用は濃度依存的であり,高濃度では完全に阻害した.結合阻害定数(Ki値)は70nMであり,5-HT4受容体への親和性は5-HTの約1.9倍,5-メトキシトリプタミンの約7.3倍,モサプリドの約4.3倍,ザコプリドの約11倍,メトクロプラミドの約26倍であった.ドンペリドンの親和性は非常に弱く,マレイン酸トリメブチンおよびナパジシル酸アクラトニウムは親和性を示さなかった.3H-GR113808結合に対する阻害作用の様式を検討したところ,シサプリドは3H-GR113808のKd値を増加させ,Bmax値には影響を及ぼさなかった.以上の結果から,シサプリドは5-HT4受容体に対し3H-GR113808と競合的に結合することが明らかとなった.

著者関連情報
© 社団法人 日本薬理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top