日本薬理学雑誌
Online ISSN : 1347-8397
Print ISSN : 0015-5691
ISSN-L : 0015-5691
Methyl o-(4-hydroxy-3-methoxycinnamoyl) reserpate (CD-3400)の射精に及ぼす影響について
米沢 章彦只野 武浦野 慎一木皿 憲佐木村 行雄
著者情報
ジャーナル フリー

1982 年 80 巻 3 号 p. 239-249

詳細
抄録

副作用の少ない高血圧治療薬を目的に開発された新しいrauwolfia alkaloids誘導体 Methyl o-(4-hydroxy-3-methoxycinnamoyl) reserpate (CD-3400)の勃起,射精および脳内モノアミンに及ぼす影響を,雄性雑種成犬を使用し,reserpine(RES)およびrescinnamine(RCN)と比較検討した.1) 各薬物を1回経口投与(0.032mg/kg~0.5mg/kg)すると,勃起はほぼ完全勃起に近い状態を維持していたが,射精は用量依存的に抑制され,CD-3400(0.5mg/kg)では投与24時間後に,RES,RCN(0.125mg/kg)では投与24時間および48時間後に全例に消失が認められた.その障害程度を射精障害が著明に認められた投与12時間後から72時間後までの平均スコアーで比較すると,RESによる障害が最も強く,次いでRCNであり,CD-3400による障害は非常に弱かった.また,CD-3400の50%射精障害用量は0.3mg/kgであり,RES(0.052mg/kg)の約6倍,RCN(0.063mg/kg)の約5倍用量を有した.さらに,障害からの回復もCD-3400は,RES,RCNに比べ早く,投与96時間後にはほぼ正常な射精状態にまで回復した.2) CD-3400(0.06mg/kg/day)およびRES(0.01mg/kg/day)の20日間連続経口投与により,勃起は投与期間中ほぼ完全勃起を維持していたが,射精は,RESで著明な障害が観察され,投与15日目には全例で消失したのに対し,CD-3400の障害は軽度であり投与20日目においても消失は認められなかった.3) 各薬物投与(CD-3400 0.5mg/kg,RESおよびRCN O.125mg/kg)後,脳6部位のモノアミン含量を検討した結果,全例に射精が消失した投与24時間後,脳内では特に,射精発現の場として重要な視床下部前部ならびに海馬で,dopamine(DA)が著明に減少し,各薬物共にこれら部位でのDA:serotonin(5-HT)比は対照群と比較し著しく減少した.以上の結果より,イヌにおいてCD-3400は,RES,RCNと同様に射精障害を惹起するものの,その障害程度は後二者薬物に比べ非常に弱いことが判明した.

著者関連情報
© 社団法人 日本薬理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top