日本消化器内視鏡学会雑誌
Online ISSN : 1884-5738
Print ISSN : 0387-1207
ISSN-L : 0387-1207
資料
直接経口抗凝固薬が胃腫瘍に対する内視鏡的粘膜下層剥離術の後出血リスクに与える影響
由雄 敏之富田 英臣岩崎 竜一郎堀内 裕介大前 雅実石山 晃世志平澤 俊明山本 頼正土田 知宏藤崎 順子山田 拓哉三田 英治二宮 朋之道堯 浩二郎五十嵐 正広
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2018 年 60 巻 7 号 p. 1360-1369

詳細
抄録

【背景】抗凝固薬は血栓塞栓性イベントを予防するために使われる.直接経口抗凝固薬(DOAC:Direct Oral Anticoagulant)は新しい選択肢だが,内視鏡治療における出血性リスクに及ぼす影響については報告がない.DOACが胃腫瘍に対する粘膜下層剥離術(ESD:Endoscopic submucosal dissection)に及ぼす臨床的影響についてワルファリンと比較して評価することを目的とした.

【方法】3施設の高度医療施設で胃腫瘍に対してESDを施行した抗凝固薬を内服している97症例108病変について後方視的に検討した.24症例がDOACを内服しており,その内訳はダビガトラン12例,リバーロキサバン11例,アピキサバン1例,ワルファリン73例であった.

【結果】DOAC群ではリバーロキサバン内服例がダビガトラン内服例より有意に後出血率が高く(45% vs 0%,p<0.05),ヘパリン置換の有無とは無関係だった.ワルファリン群では78%の症例でヘパリン置換が施行されており,後出血率はヘパリン置換施行例がヘパリン置換非施行例と比べて有意に高かった(36% vs 0%,p<0.05).内服する抗血栓薬の数が増えるほど後出血率は高かった(p<0.05).DOACではより早く最大効果に達するためワルファリンと比べヘパリン置換の期間が短く(p<0.05),入院期間も短かった(p<0.05).多変量解析ではヘパリン置換(OR 10.7),リバーロキサバン(OR 6.00)と複数の抗血栓薬内服(OR 4.35)が独立した後出血の危険因子であった.

【結論】DOACの影響は薬剤ごとに異なった.ダビガトランは入院期間の短縮に寄与し後出血率も低いためワルファリンに代わりえる良い選択肢となるが,リバーロキサバンは有意に後出血率が高かった.

著者関連情報
© 2018 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会
前の記事 次の記事
feedback
Top