日本消化器内視鏡学会雑誌
Online ISSN : 1884-5738
Print ISSN : 0387-1207
ISSN-L : 0387-1207
手技の解説
全大腸NBI観察による潰瘍性大腸炎サーベイランス内視鏡
渡辺 憲治佐藤 寿行上小鶴 孝二
著者情報
ジャーナル 認証あり HTML

2020 年 62 巻 11 号 p. 2972-2979

詳細
抄録

潰瘍性大腸炎の患者数増加や長期経過例増加,内科治療進歩による手術回避例増加により,サーベイランス内視鏡(SC)の必要性は今後益々高まり,手技の効率化が必要である.narrow band imaging(NBI)によるSCは,欧米の過去のstudyでは有用性が示されていなかったが,2012年に第2世代のNBI機器が市販化され,画質の向上や遠景が明るくなることにより,日常臨床で全大腸NBI観察によるSC(NBI-SC)が行い易くなった.われわれは本邦の多施設前向きランダム化比較試験(Navigator Study)で,世界で最もエビデンスがあり高精度とされている全大腸色素内視鏡によるSCに対し,NBI-SCは腫瘍性病変やUC関連腫瘍の発見率が劣らず,検査時間は有意に短いことを示した.本稿ではNBI-SCの手技の手順やコツに留まらず,その前提となる患者の診療方針やSCの目標についても述べた.

著者関連情報
© 2020 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会
前の記事 次の記事
feedback
Top