日本プライマリ・ケア連合学会誌
Online ISSN : 2187-2791
Print ISSN : 2185-2928
ISSN-L : 2185-2928
原著(研究)
在宅医療における薬剤師の役割に対するケアマネジャーの意識調査―テキストマイニングによる客観的解析―
今西 孝至岡村 美代子川端 崇義髙山 明楠本 正明
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 41 巻 3 号 p. 92-99

詳細
抄録

目的:在宅医療における薬剤師の役割について全国のケアマネジャー(CM)にアンケート調査を行った.

方法:日本介護支援専門員協会47都道府県支部に依頼状を郵送し,本調査に同意が得られた会員のみを対象とした.解析はテキストマイニングを用いた.

結果:回答が得られたCMは206人で,医療職出身者が25%,介護福祉職出身者が75%であった.「薬剤師は在宅医療に必要か」の質問に90%のCMが「必要」と回答した.また,「必要」と回答した理由についてテキストマイニングによる解析の結果,医療職出身CMでは“指導”や“内服”,介護福祉職出身CMでは“相談”というキーワードが有意に出現した.

結論:在宅医療における薬剤師の役割として,医療職出身CMは「患者・家族や他職種への指導について専門性を発揮すること」,介護福祉職出身CMは「服用薬や副作用に関する情報について相談に乗ること」に期待していることが明らかになった.

著者関連情報
© 2018 一般社団法人 日本プライマリ・ケア連合学会
前の記事 次の記事
feedback
Top