日本地球化学会年会要旨集
2012年度日本地球化学会第59回年会講演要旨集
セッションID: 1P33
会議情報

G4 鉱物境界面の地球化学、水-岩石相互作用
鉱物-熱水フローリアクターを用いる原始ペプチド生成モデルの解析
*川村 邦男竹家 均櫛部 崇夫古泉 ゆか
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

我々は生命の熱水起源を明らかにするために,熱水反応の研究ツールとして熱水フローリアクター装置を開発してきた.その結果,400℃,30MPaで2ミリ秒から200秒までの反応をリアルタイムで追跡する方法を確立した.さらに,紫外・可視・近赤外領域の吸収スペクトルをその場観測できる.しかし,実際の熱水噴出孔のような鉱物と熱水とがダイナミックに相互作用する不均一系を調べることはできなかった.そこで,鉱物微粒子を充填した新しいフローリアクターの開発を試みた.この結果,300℃で2から200秒で反応追跡する方法の開発に成功した.本法を用いて,我々が発見したペプチド伸長反応に対する天然鉱物の効果を調べた結果,炭酸塩鉱物がこれを促進し,原料ペプチドの約30%が鎖長の大きなペプチドに自発的に伸長することを発見した.この新しい研究ツールは鉱物と熱水が相互作用する様々なプロセスの解析に利用できる.

著者関連情報
© 2012 日本地球化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top